私は、今までプライベートで電話をかけることも、電話を受けることも苦手でした。
知らない顔の見えない相手と話すこと、自分が話す内容を理解してもらえるのか、どんな反応をされるのか、いきなりどんな話されるのか、様々な不安がありました。
幼少期も電話番号を押し間違えて違うところに電話をかけてしまうのが怖く、電話をかける時はよく母親に頼んでいました。現在は、画面に入力した数値が出て確認出来るので安心です。
私は今までの人生の中でも、あまり電話というものを利用してきませんでした。

そんな私がCUBE電話代行サービスに入社をして、様々な方々からの電話を受けることになりました。
このような電話代行のお仕事があったことにも驚きましたが、利用されているクライアント様の多さには、それ以上に驚きました。
一般的にコールセンターというものは熟知されていると思いますが、その会社で専属のカスタマーセンターやサービスセンターがあるというイメージでした。
ですが、会社の規模は様々です。
たまにかかってくる電話や、一人でも事足りるけれど出られない場面や状況、また出先でメモを取ることが困難であったり、気付くのが遅れてしまい取り損ねてしまうことがあったりと、電話をいつ何時でも取らないといけないということは、本来の仕事内容以外のことにも気を配る必要があり、気の休まる時間も満足に持てずに、ストレスも感じやすくなると思います。
そんな時に、電話を一時的にでも取ってもらえたら、電話の内容を書面などの残る形にしてもらえたら、と思う方は多いと想像できます。私もきっとそうだと思います。
秘書や事務員が手伝ってくれたら助かるのに…。休みを取りやすくなるのに…。ゆっくり食事がとれるのに…。そう出来たら仕事も捗るのに…。と、一度は思われたことがあるのではないでしょうか。
そんな方に秘書代行として、事務員の電話代行として、CUBEはたくさんの方の仕事のお手伝いが出来るお仕事です。
お困りで電話をかけてくる方は多く、近年のネット社会の中でも電話というツールは少しも衰退すること無く、利用されています。逆に個人が携帯電話を所持する場合が増えたので、電話をかけやすい状況になっているかもしれません。
しかし、せっかくお困りで電話をかけたのに、曖昧なことを言われたり、感じの悪い対応をされて不快な思いをしたり、不安な気持ちが拭えないまま電話を終えてしまったり、と私もたびたび経験のあることです。
私はまだまだお電話を取らせていただくようになってからは日が浅く、経験値も低いので、今の私に出来る精一杯の対応をしたいという思いで受電しておりますが、やはり至らぬ点や不安に思わせてしまうことがあるかと思います。
出来る限り笑顔で電話を切ることが出来るように、またお電話をかけて来られた方が、ホッと出来るお電話対応が出来るように、毎日一回一回のお電話を大切に対応してまいりたいと思います。