私が電話代行のお仕事を始めて、8カ月が経ちました。ネットショップなどの注文の電話はまだ慣れず、先輩に助けていただきながら受電しています。後輩も入社したので、もっとしっかりしないと、と思っています。後輩と話していると、私も入社したばかりの時に電話を取るのにとても緊張していたことを思い出しました。代行でお電話を取っているので、色んな会社宛てに色んな方からお電話がかかってきて、すぐに答えられないことばかりで不安だったからです。今では受け答えに慣れてきて、言葉が詰まることも少なくなりましたが、最初は何と言っていいかわからず、対応が止まってしまうこともありました。
 いただくお電話の内容も様々で、個人の方からの注文や予約のお電話、取引先からの専門的な電話、営業のお電話などがあります。中には、大変ご立腹の方、理不尽なことを仰る方もいらっしゃいます。そのようなお電話の場合、代行でお電話を受けている私達では対応がしきれないので、一次対応としてお話を聞かせていただいています。ご立腹の方からのお電話を受ける時は、まずお話をしっかり聞くことを大事にしています。ご不便をおかけしたことに対して、お電話をくださった方の気持ちに寄り添える対応を心がけています。そうすることで、お電話を掛けてくださった方に気持ちを分かってもらえていると思ってもらい、少しでも怒りの気持ちを和らげ、安心していただけるかと思います。
電話代行をご利用される方はお忙しい方が多いかと思いますので、ご自身でクレームのお電話のお話を聞くのに時間を使うことは難しいと思いますが、電話代行を使うことで、お客様が何に対して怒っていらっしゃるのかが文面で確認してくことが出来ます。ご自身お話を全て伺って対応するよりもスムーズに対応していただけます。また、クレームのお電話を掛けた際に電話が繋がらないと、さらにクレームになる場合もありますので、電話代行でまずはお話を伺うことが役に立つと思います。
毎日、私は大体120件位のお電話を受けています。電話代行のお仕事をしなければ話すことのなかったであろう人たちから、今まで知らなかった内容の電話を受けています。難しい内容のお電話もありますが、毎日様々な電話を受けることで、知らなかった発見があることがこの仕事の楽しさでもあるかと思います。電話代行を使ってよかった、と思っていただけるよう、これからも精進いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。