突然ですが、英語の聞き取りは本当に難しいですよね。
もちろん英単語の暗記や文法の理解は必須ですが、英語のテストが満点だとしても聞き取りには苦戦する場合があると思います。
私自身、英語の聞き取りは苦手なのでリスニング力を鍛えるべく英語学習に奮闘しています。

私が続けている学習法はシャドーイングです。
なかなかプライベートで英語を聞く機会がないので、自ら英語を聞く機会を作ることにしました。
シャドーイングとは聞こえてくる英語のすぐ後ろをshadow(影)のように追いかけて話す
学習法で、題材にはTED talksを活用しています。

TEDとは様々な分野の第一線で活躍している人を招き、定期的にカンファレンスを開催している団体のことで、TED talksはそのスピーチ動画アーカイブです。
TED talksには様々なジャンルのスピーチが掲載されているので、関心のあるテーマが必ずあると思います。
スピーチは聴衆の心に訴えかけるものなので、話し手は自然と感情を込めて話します。
英語を理解しようと集中して聞くと、話し手が分かりやすく伝えようとしている様子が伝わってきます。
強調したい言葉を力強く発音したり、聴衆に考える時間を与える為に疑問を投げかけて少しばかり沈黙したり工夫されています。
この勉強法を始めた当時はなかなか聞き取れませんでしたが、どれも10分程度の短い動画ばかりですし、何より第一線で活躍されている方の話は面白いものが多いので、楽しんで学習できるようになりました。

熱く語ってしまいましたが、電話は当然シャドーイングとは異なり、英会話なので聞き取れなかった部分は質問することができます。
英語の聞き取りに集中していても、周りの雑音が入っていてなかなか聞き取れない場合や、訛りが強く早口では聞き取れない場合もありますよね。
聞き取りが本当に困難な時は何か1つでもワードを聞き取り、確認するようにしています。
例えばe-mailとお聞き取りできた場合、“Do you mean that you sent an e-mail to us?”と聞き返したりします。
他にも全く聞き取れないような場合は“Could you speak more slowly?”と言って、ゆっくりとお話し頂くようにしています。ゆっくり話してもらうだけで聞き取りがだいぶスムーズになるからです。

英語での電話対応は難しい時もありますが、確認しながら対応できる為、自宅で1人もくもくと学習するよりも英語を理解することができますし、やりがいを感じます。
今後も様々な学習法を取り入れてリスニング力を向上させ、電話代行の業務に活かしていきたいと考えております。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。