皆様は、疲れた時や癒されたい時は何をしますか。
毎日生活しているといろいろなことが起こり、つい眉間にシワが寄ってしまうこともあると思います。
そんな日常の中でも、ちょっとしたことで誰もが幸せな気持ちになる方法が実はあるのです。

皆様は、マザー・テレサという方をご存じでしょうか。
カトリック教会の修道女で、世界中の貧しい人々や難民を助け、命の短い人々の最期を看取るホスピスケアを続けました。
このマザー・テレサが言った言葉にこんなものがあります。
「ただ微笑むだけで、どれほど幸せになれることか」

微笑みが人を癒すというのは、心理的にも根拠があるとされています。
微笑みはポジティブな気持ちの表れのため、それを見た人を安らかな気持ちにさせます。
さらに、微笑んだ人にとっても頬の筋肉を動かすことで、体の中に酸素を取り込みストレスを軽くしたり血圧を下げたりと、病気の予防や治療の効果もあるそうです。

例えば、箸を口をすぼめるように縦にくわえるよりも、横にくわえて笑顔に似た表情を作る方が、いろいろなことを楽しく感じられるという実験結果も見られるほどです。
ほんの少し口角を上げて、微笑むように筋肉を動かすだけで、自分自身もそれを見る人も幸せになれるというわけです。

私もお電話をお取りさせていただく際、笑顔でお取りすることをいつも心掛けています。
電話代行のお仕事をするようになり改めて感じることですが、お電話ではお互い表情は見えませんが、声にも表情があります。
笑顔でお話しされているのか、それともご立腹のご様子なのか困っていらっしゃるのか、お電話口の方の声色で私達が表情を感じ取ることができるように、私達の表情も伝わっていると思います。
ですので、私も必ず口角を上げて笑顔でお電話をお取りするようにしています。

微笑みには、私達にも実行できる確かな効果があるのです。
疲れてしまった時や癒されたい時、ほんの少し口角を上げてみてください。
それだけできっと幸せな気持ちになることができるはずです。