皆さん、こんにちは。入社して数ヶ月が経ち、ようやく電話応対にも慣れてきました。それでも、素早い対応には程遠く、イレギュラーなお電話の際は周りの先輩方に指示を仰ぐことも多々あります。そんな中でも、教育係の先輩に初日に教えていただいた「丁寧さ」は常に意識し、第一に心がけています。
グループの先輩方に比べると、私の受けるお電話の数は少ないのですが、その中でも1日に何度も受けるのが営業の方からのお電話です。
中途採用、取材のご依頼、システム管理のご提案やサービスのご案内など業種もお問い合わせ内容も幅広く、様々なお電話が鳴ります。話し方も、丁寧に説明される方、ハキハキと元気のいい方やぶっきらぼうな方と多様です。今までこれほどたくさんの営業のお電話を取る機会が無かった私には、初めて聞くような職業の方や専門用語もあり、復唱確認が必須です。
クライアント様のご要望には「営業のお電話はお繋ぎせずにお断り」といったものが多いです。弊社CUBE電話代行サービスは営業のお電話であっても、丁寧に尚且つ嫌味なくスピーディーにお電話を終わらせるよう応対しております。電話受付とは、声のトーンや速さで会社のイメージを良くも悪くも印象付けるものだと思います。営業のお電話であっても、「ここの会社の応対は丁寧だな。いい会社だな。」とご契約いただいている企業様が他社から良いイメージを持っていただけるよう考えながら、日々の代行業務を行なっております。
実際にお電話を受けた営業の方から「ご丁寧にご対応いただきありがとうございます。」や「ご親切にご案内いただきありがとうございました。」など終話前にお礼を言っていただけることもよくあります。終話前にこのようなお礼をいただけると、私たちも嬉しいですし、お断りしたとしても会社の良いイメージを保つことが出来ます。もちろん、クライアント様の取引先の方にはより丁寧に応対し、用件を確認してからクライアント様の指示に従ってご担当者様へお電話をつないだり、または折返しのご連絡をご案内いたします。
専門用語など聞き慣れないような単語や、その業種によって言い方のフレーズが異なったりなど、丁寧さ以外にも覚えることはまだまだたくさんあります。
少しずつではありますが、より良い電話応対を提供出来るよう努力してまいります。
今後ともCUBE電話代行サービスをどうぞ宜しくお願いいたします。