皆様、こんにちは。まだまだ残暑が続いておりますが、いかがお過ごしですか。
皆様は日頃、英語に触れる時間はどのくらいありますか。
日本で生活していると、英語に触れる時間は少ないと思います。
社会人になると、英語の授業があるわけではないので、自分で意識しなければ英語学習が進まないという事があると思います。
しかし意気込みすぎると、途中で英語を勉強するのが嫌になってしまう時もありますので、今回は、日常のちょっとした合間に意識せずに英語学習ができるような方法を、
リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング、の4つに分けてネットのオススメなど見ながら調べてみましたのでご覧下さい。

①リスニング:オンラインの動画を活用する
現在では、ネットでたくさんの英語の動画を見ることができるので、専用の教材を購入することなくリスニング学習ができるようになりました。
リスニング能力アップの為には、たくさん英語を聞くことが大事ですので、
空いた時間に少しでもいいので、毎日英語を聞いていく事がいいと思います。

②リーディング:好きな分野のことを英語で調べて語彙力をアップする
単語帳にある単語を機械的に覚えるのは、時間も労力もかかるので、あまり進まないといったことがあると思います。
そんな時は、興味のある分野のことを調べてみるという方法を挑戦してみられてはいかがでしょうか。
趣味のことなどを説明する英語などを見るだけでも語彙力アップに繋がると思いますし、好きなことは長文でも読むのが楽しいと思います。
他の言語の情報も日本語翻訳が出ることが多いですが、ステップアップを目指して、あえて英語で調べてみるのは効果的だと思います。

③ライティング:SNSで英語を使う
インプットができたら、記憶を定着するためにアウトプットをすることがいいそうです。
SNSでの英語での発信は、ややハードルが高いですが、自分の腕試しにはいいと思います。
現在はブログ用の文章の英語添削サービスなどもあるそうですので、
自分の文章に自信が無い場合は先に添削をしてから発信するという事もできます。
英語を実際使ってみて初めて気づくということもありますので、勉強になると思います。

④スピーキング:英会話アプリを活用する
最近はアプリなどを利用し、気軽にオンラインでネイティブスピーカーと交流し英語のスピーキングも体験できるようになりました。
対面で、英会話ができる場を提供するマッチングアプリもあれば、ネット上で英会話をすることができる物もありますが、時間を決めないと集中できないタイプの方は、対面の英会話を選ぶ方が多いようです。
また、時間がなく、自宅にいながら英会話をしたいという方も多いと思うので、その場合はオンライン英会話と選ぶという風に、自分の生活にあった物を選んでいくことが大事だと思います。
私はまだ、英会話アプリの利用をしたことがないのですが、挑戦してみたいと思っています。

以上、ネットでの英語学習法をご紹介しましたが、皆様の気になる物はありましたでしょうか。
いろいろなサービスを活用しながら、楽しく英語学習をして、日頃の英語受電の能力アップに繋げたいと思っておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。