“電話代行サービス”というサービスはなぜあるのでしょう。
簡単に言ってしまえば、電話に出ることができない会社様があるからです。

しかし、会社を設立すれば、問い合わせ先の連絡先として電話番号を設置されると思います。

少人数で運営している会社様では業務で手一杯で、いつ鳴るかわからない電話対応のためといって、スタッフを雇ったり、時間を作るのは大きな負担になると思います。

万が一、電話がほとんど鳴らないとしても、まれにかかってくる、そのたった一本のお電話が大きなビジネスチャンスにつながる可能性があります。

また、会社のホームページをたどって固定番号にかけてくる方も多くいらっしゃいます。
そういったクライアントの大切なお電話を受けるために、私たちはいると思っています。

“電話代行サービス”というのは、少し変わったサービスだと思います。
クライアント様とお話をするのではなく、クライアント様とそのお客様の間に立ってお話をするのが仕事だからです。

だからこそ、お電話の会話一つ一つを大切にするだけではなく、自分の役割や立ち位置を正しく認識して応対することが求められます。

その役割は、クライアント一社一社で全て異なります。

例えば、受電した際に「〇〇(名前)って言えばわかるから、伝えておいて。頼むね~。」とだけおっしゃり、お電話をお切りになった男性がいらっしゃいました。私はあえて相手の電話番号を聞き取ったり、「折り返しご連絡させましょうか?」等の通常の対応はせず、「承知いたしました!お伝えしておきます!」と答え、男性のペースを崩さないように対応しました。このお電話の場合は、聞くまでもないと判断したからです。

今回のケースの場合、慣れた雰囲気でお話し下さったため、クライアントと何度もやり取りをされている方、クライアントからすれば声を聞けばどなたか判断できる方、である可能性が高いです。そういったお客様に、お電話番号を伺った方が逆に不審に思われたり、嫌な思いをさせてしまう可能性があります。

しかし、全てのお電話に対してこのような対応をしているわけではなく、弊社では個人を特定するため、法人であれば会社名・氏名を伺い、個人であればフルネームを伺うよう努めています。(状況によっては、お伺いできない場合もございます。)

お客様によっては通常通りの対応、臨機応変な対応が必要な場面が異なってくるかと思います。しかし、それらも含めて私たち電話代行サービスの役割だと思い、クライアントのお役にたてるよう今後も精進してまいります。