皆様、こんにちは。

さて、皆様にとって『スイッチ』を入れてくれるものは何でしょうか。
研修の先生は、“コーヒー”と仰っていました。
確かに、コーヒーで心身の切り替えを行っていらっしゃる方々は、世の中に多いのではないかと思います。
私もコーヒーは好きですし、スイッチも入りますが、“リラックスのスイッチ”ですね。
どちらかと言いますと、仕事の後に飲みたいです。

そしてもう1つが、“ハイヒール”なのだそうです。
私はハイヒールが苦手なので、履いた瞬間から“疲労のスイッチ”が入ってしまいそうなのですが・・・。
人それぞれ、ですね。
皆様はいかがでしょうか。

人それぞれ、スイッチが入る物・動作は異なると思います。
私は、と申しますと、まずは『カーテンを開けて、朝日を浴びる』ことです。
外が明るくないと、スイッチが入らないのです。
生物学的にも、“朝日を浴びる=体内時計の狂いがリセットされる”ため、とても重要なようです。

“サーカディアンリズム”と呼ばれているものですね。
現代社会において、身体の不調を感じている人が多い原因の1つに、この体内リズムが狂ってしまっていることがあげられるようです。
お日様は偉大ですね。
夏至に最も近いこの時期は、外が明るい時間が長いので、一番好きです。

仕事に対してのスイッチは、『おはようございます』のご挨拶です。
とは申しましても、普通の挨拶ではなく、朝一番に鳴ったお電話での第一声のことです。
『朝一番に鳴った電話にて、応対文句を発声した瞬間』にオンになる気がします。

いつも爽やかな気分にしてくれる「おはようございます」のご挨拶が私のお気に入りです。
お電話をかけてきて下さる方々にも、気持ちよく1日のスタートを切っていただければ嬉しいですし、朝の時間に限定されるところも、少し特別感があって好きです。

クライアントの印象にも直結しておりますので、今後も「明るく爽やかなご挨拶」を心がけてまいります。
これからもCUBE電話代行サービスをどうぞよろしくお願いいたします。