皆様は社会人になって何年目になりますでしょうか。
私は大学を卒業して、今年で何回目の春が過ぎたのだろうかと考えたとき、まだ社会人10年未満であることに驚きました。私の大学時代の就職活動はちょうど氷河期と言われる時代でした。
それもあり、とりあえず雇ってもらえたところでと思い、営業職の仕事に就職しました。その後3回ほど転職を経験し、今の電話代行という仕事に就きました。少し転職のし過ぎと思われるかもしれませんが、様々な業種の仕事を経験することができ、色々と学ぶことができました。

その中でも、私は特に働いていく上で大切なものは、コミュニケーション能力であると日々感じてきました。営業時代、受付事務時代など人との関わり方でお客様との信頼関係を作り、その仕事が仕事として成り立っていくのだと思います。

今の電話代行という仕事では、クライアントとの信頼関係はもちろんのこと、電話をしてこられる方々に対してどのような姿勢でどのような対応をしなければいけないのか、日々考えさせられています。今までの職業とは全く異なったものになり、電話をしている間の数分間、数十秒という短い時間の中でもコミュニケーション力が求められます。

優しく話をしてくれる方、怒っておられる方など、様々な方が様々な理由で電話をかけてこられます。そういった方々に対して真摯に向き合い、的確に対応することがこの電話代行に求められることだと思います。
また、私の対応の仕方一つで相手に不信感や嫌悪感を抱かれてしまう可能性もあります。そうなってしまうとクライアントへご迷惑をかけてしまうことにも繋がります。だからこそ、1つ1つの電話に対して、しっかりと対応ができるよう1つ1つのクライアントの会社情報をなるべく頭に叩き入れ、電話の時に余裕をもって対応していきたいと思います。

また、コミュニケーションとはクライアントや電話をしてくる方と取っていればいいというものではなく、一緒に働いている同じ職場の方々とも同じようにコミュニケーションを取っていく必要があります。皆様も普段から感じていることだと思います。社会人になると自分と考えの合わない人や苦手な人と一緒に仕事をすることも多くありますが、そういった人々とも上手く付き合いながら、円滑なコミュニケーションを取り、目標に向け協力することが求められると思います。

私は何度か転職をしていますが、比較的周りの人には恵まれてきたと思います。今の職場でも本当にスタッフみんな良い人たちばかりで、心から良かったと思っています。わからないことがすぐ聞ける環境というのは、途中入社してきた私のような人間には本当にありがたいことです。

これからも周りのスタッフと力を合わせ、より良い対応を提供していけるよう精進いたしますので、何卒宜しくお願いいたします。