先日テレビで、最近の詐欺について放送していました。
オレオレ詐欺が多発していた頃に比べると、最近の詐欺はかなり巧妙化されているようで、最終的には銀行の暗証番号を引き出してしまうのだそうです。

まず、カード会社を装った人から「短時間で高額な支払いを複数回されているが、身に覚えはあるか?」という内容で、電話がかかってくるそうです。
その後、さらに警察を装った人から「銀行の口座情報が盗まれ、それをもとに偽造カードが作られ、口座が悪用されている。」と電話がきます。
さらにその後、銀行協会という実在する組織の名前を語った銀行員を装った人から、「今すぐ口座を停止しないと、更なる被害を受けることになる」などと言われ、口座の停止を持ち掛け、言葉巧みに口座番号と暗証番号を入手するそうです。

テレビで見ていると、電話で口座番号や暗証番号を聞かれえる訳が無いし、自分は騙されないとその時は思いました。
しかし、詐欺の被害を受けてしまった方もたくさんいると思うと、実際自分の携帯電話にこういった電話が突然かかってきたら、焦ってしまい冷静な判断が出来なくなるのかもしれません。

毎日生活している中でも、焦ることや緊張してしまう場面はたくさんあります。
私も電話代行の仕事をしている中で、焦ってしまうことはよくあります。
お電話口の方がご立腹の様子で話をされたり、イレギュラーなことを言われると、とても焦ってしまいます。
しかし、焦ってしまうと大事な指示を見落とし誤った対応に繋がり、ご契約者様とお電話口の方にご迷惑をかけてしまうことになります。
そういったミスを防ぐため、私は自分が焦っていることに気が付いたら、一旦深呼吸をして自分を落ち着かせるようにしています。
焦っている時は、気付かないうちに呼吸が浅く短くなっていることが多いそうです。
焦っている時には深呼吸をするように、とよく言われると思いますが、それは、深呼吸がそれだけ焦りを落ち着かせるために有効な方法だからなのです。

どんな場面でも、焦ってしまうと的確な判断が出来なくなってしまいます。
冒頭で話したような怪しい電話がかかってきた時や、仕事で焦ってしまう時など、自分が焦っていると気付いた時はまずは自分を落ち着かせることが大切です。
これからも何か焦ってしまうことや緊張してしまうことがあった時は、一度手を止めて深呼吸をするように心掛けていきたいと思います。