CUBEで電話応対の仕事を始めて3ヶ月程が経ちました。
仕事を始める前は電話の業務と聞くと、1人で黙々と仕事をこなしているイメージがありましたが、実際は多くの人に助けられて仕事をしています。

先輩方には「分からないことはいつでも聞いてね」と仰っていただき、お言葉に甘えて対応に迷った際はすぐに質問させていただいておりました。
入社してすぐの頃は、何もかも質問や確認をしていた私ですが、丁寧に教えていただいたことで、少しずつ自分1人で最後までお電話に対応できることが増えてきました。

それでも、最近まで頻繁に先輩に質問をしておりました。
電話に出てみるまで電話内容は分かりませんので、対応に困る場合は先輩に相談させていただいていたのですが、今までに対応したようなケースであっても先輩に指示を仰いでしまうことがありました。
『本当に分からないから』質問しているのではなく、『分かっているけれど不安だから』『後押ししてほしいから』これでいいですよね?と質問していることに気付きました。
このままでは、いつまでも成長しないので自分の仕事ぶりを改めることにしました。

電話を終えた後は、内容をクライアント様へメール報告させていただくのですが、少し複雑な内容であっても、聞き取りができていれば自分で送るようにしました。
また、対応に迷う場合も以前に学んだことであれば、メモを見ながら自分で対応するようにしました。

当たり前のことのようですが、以前は緊張感や焦りから指示を仰いでしまい自分1人では出来ておりませんでした。
今でも初めて対応させていただく会社のお電話は緊張しますが、緊張を言い訳にせずに落ち着いて対応するよう心がけております。

とは言え、私は新人の身ですので、分からないこともまだまだございます。
クライアント様の会社の顔として電話対応させていただいている以上、もちろんミスのないように努めなければなりません。
今も対応が分からない場合は、先輩に質問させていただいております。
その際はお電話口の方のご状況、自分の判断などを正確且つ端的に伝えるよう心がけております。
メール報告の際も、聞き取りが不十分な場合などは先輩に確認していただくのですが、白紙に近いものを見せて「どうすればいいですか」と言うのではなく、全て作成し終えた上で分からない箇所や自分の考えを明確に伝えるようにしています。

そのように心がけるようになって質問の回数もぐっと減り、自分には何が出来て、何が出来ないのか少しずつ分かるようになってきました。
自分で対応できる会社も増えてきたので、少しずつ成長を感じるようになり今ではやりがいも感じます。
仕事において前向きな気持ちを持てることは、このように分からないことを教えてくださる周りの方に恵まれた環境にいるからだと思います。
この環境に甘んじるのではなく、今後も自分の苦手なことに目を向けて改善できるよう、積極的に業務に取り組み、電話のプロとなれるよう精進いたしますので今後もどうぞよろしくお願いいたします。