いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今年も残すところ、わずかとなりました。12月は師走とも言いますが、師(僧侶)も忙しくて走り回わるほど1年で一番忙しい時期というのが由来だそうです。確かに12月は、クリスマスや年末年始のお休みなど、イベントも盛りだくさんで慌ただしく日々を過ごしているうちに、気づけば毎年年越しそばを食べている、というような状況になっている気がします。

さて、仕事納めと同時にオフィスの大掃除をされる方も多いのではないのでしょうか。忙しく仕事をしていると、書類がついつい溜まってしまっていたり、デスク周りが散らかってしまうことも多々ありますよね。
デスクがごちゃごちゃと散らかっていると、いざ必要な時に書類が見当たらない、筆記用具が見当たらない…など必要なものを探すだけで時間がかかってしまうこともあるのではないのでしょうか。

一説には平均的なビジネスマンは、年間150時間もの時間を探し物に費やしているそうです。1日の勤務時間を8時間、年間勤務日数を240日とすると、年間の勤務時間は1920時間。そのうちの150時間なので、なんと年間の勤務時間の7.8%を探し物に費やしている計算になります!探し物をしている間は何の利益も生まれないというのに、なんて無駄な時間を過ごしているんだろうと愕然としてしまいますね。

そこで、今回はデスクの整理整頓のコツをご紹介いたします
まず、大切なことは「不要なものは捨てる」ということです。いつか使うかもしれないと取っておいた紙袋や試供品などはこの機会に捨ててしまいましょう。
また、散らかりがちなものほど、どこに置くかを明確に決めましょう。どこに置くか決めていないと片付けるのが面倒になります。
また、クリップなど細かなものも仕分けボックスなどを使って整理するようにしましょう。引き出しの中は特に小分けに仕分けすることをオススメします。
最後に、きれいな状態を維持するためにお気に入りの写真やフィギュアなどを置くようにしましょう。お気に入りのものが隠れてよく見えないようになってきたら散らかっているサインです。整理整頓の目安になりオススメです。

お仕事をされる上でも年末はお忙しい時期かと思います。そんな時こそ、整理整頓をして作業効率を上げてみてはいかがでしょうか。また、年末にしっかりお掃除をすれば気持ちよく新年を迎えられるはずです。それでも、忙しいという方は是非CUBE電話代行サービスにお電話をお任せくださいませ。お忙しい皆様の代わりにお電話をおとりいたします。