皆さんこんにちは。日差しが強い日々が続いているかと思いきや急に涼しくなったり、という日々が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。季節はもうすぐ本格的な秋に移り変わろうとしております。秋もおいしい食べ物がたくさんありますね。私は秋刀魚が好きなのでとても楽しみです。急に温度が下がる日もあるかと思いますので、くれぐれもお体にはお気をつけください。
 
さて、皆様は仕事をされる中で気を付けていらっしゃることはございますか。職種によって気をつけていらっしゃることは異なると思います。       
今回は、私が仕事をする中で気を付けていることについてご紹介したいと思います。

まず、私の仕事に関してかかせないのは声です。休憩時間以外は電話を受電しているため、喉が乾燥しないようこまめに水分補給をとっております。
次にかかせないのは、肩こりや腕の筋肉痛のケアです。入社した当初はタイピングもそんなに早く打てていませんでした。メモを取ることや書くことに必死になり、毎日腕が筋肉痛になっていました。最近になりようやくタイピングのスピードが少し早くなったため、今は以前のような筋肉痛はさほど感じなくなりました。タイピングのスピードが少し早くなったのもこの電話代行の仕事をして身についたスキルのひとつです。日常生活でもパソコンはよく使用するため、改めてこの仕事をしていて良かったなと思います。他にも電話代行という仕事を通して身についたスキルはたくさんあります。主に電話の取りかたや言葉遣いなどが身に付きました。

また、私が他に気をつけていることは声のトーンや言葉遣いです。私は受電する際、普段の声より2トーンは高い声を意識して受電しております。電話は対面での対応ではありませんが、電話から声の高さや雰囲気で会社の印象というものは残ってしまうかと思います。そのため、できるだけ明るい印象となるよう心がけて受電しております。言葉遣いは主に敬語を意識しております。特に二重敬語にならないよう気をつけております。

私がこの仕事をしていてやりがいを感じる時は、ご契約者様宛にお客様からの電話をお伝えした際に、「ありがとう」といっていただいた時です。まだまだ気遣いやスピード力、対応力などには欠けている部分がございますが、今後も皆さまが快適にCUBE電話代行サービスをご利用いただけるよう、精一杯業務に励んでいきたいと思っております。気候の移り変わりが激しいですが、皆さまお身体には気をつけてお過ごしください。