もう11月ですね。年々、月日が経つのが早くなっていっている気がします。
年が明けたと思ったら、桜が咲いて、暑くなり、台風が通り過ぎたと思ったらもう肌寒い季節になっているからびっくりです。
 今年の4月から私が働きだした関係で、子供二人も保育園に入り、生活環境がガラッと変わった1年でもありました。
 さて、今回は語学習得について少しお話させて頂きたいと思います。
先ほどもお話しましたが、私には子供が二人おり、上の子は2歳10か月、下の子が10か月になります。2歳10か月にもなると、特に周りの女の子は達者にお話が出来てコミュニケーションが取れたりするのですが、うちの子はだいぶ遅れをとっております。
母親としては心配なものではありますが、やはり大きな要因のひとつに家の中で、日本語と英語の両方を聞いており、脳内で混乱が起こっている、ということが挙げられるようです。
誰もが「勉強」をすることなく身につくのが母国語ではありますが、その土台の段階で2言語を聞いていると、「クルマ」を見たときに、これは「car」なの?「くるま」なの?となってしまうそうです。そりゃそうですよね。ただ、どこかの段階で、脳内整理が終わり、それからは自然と私たちが母国語を話すように使い分けが出来る(可能性が高い)そうです。
 そんな子供二人を横目に、私は純正日本人ですので、改めてどのように英語を学習したか、ということを考えてみました。
家では主人が英語しか話せない為、自然と英語の会話になってしまうので、会話をいちいち訳していたらキリがありません。ということで感覚的に英語を話してはいますが、学生時代はどちらかと言うと英語の成績は可もなく不可もなく…でした。
ただ、興味はあったので、どうにかラクして習得したいというズボラな私がした「英語学習法」は
【好きな“一般的なシーンの散りばめられている”映画を繰り返し観る】という物でした。
その中には日常生活で使えるフレーズが溢れており、
①まず内容理解の為、日本語吹き替えまたは、日本語字幕で観る。
②正確に何を言っているのか知るために、英語字幕で観る。→シャドウイングをする。
③字幕なしでずーっと聞き、英語として浸透させる。
私が選んだのは「プラダを着た悪魔」という、そうです、あの有名な映画です。仕事あり、友情あり、恋愛あり、様々なシーンで使える英語が盛りだくさんでした。
英語学習法には“コレ”といった王道はないかと思いますので、海外留学・英会話スクール・スピー〇ラーニング等々、数ある英語習得法のひとつに、この安上がりな方法を試してみて下さい。
それでも、今すぐに仕事で海外からの電話がかかってくる!Oh No~!という方は、是非弊社の電話代行英語プランをご利用下さい。ご利用頂いている間は、メール対応にして、じっくりビジネス英語文例集と格闘し、その間の電話対応一次窓口としてご活用頂くことも可能でございます。ひとつの方法としてご検討頂ければと存じます。
それでは、皆様のビジネスのご成功を祈念しながら今回はこの辺りで締めさせて頂きます。
最後までお読み頂きありがとうございました。