これまで、電話代行という仕事がこの世の中にあることすら知りませんでした。
しかしそれは私だけであったのか、世の中のたくさんの方はご存知のようで、このサービスをご利用いただいている契約者様が本当にたくさんいらっしゃいます。
こんなにたくさんの方が利用しているサービスだということに驚いています。
いろんな会社様とご契約させていただいており、業種も様々で、対応の方法も様々です。

会社や事務所から離れて外出するときのみ、こちらに転送される場合もあれば、ずっとこちらにかかるようになっており、内容などによって該当の方へ転送させていただく場合もあります。

折返しをご案内する場合もあれば、折返しをご案内してはいけない場合もあります。
メールをお送りいただくようにご案内する場合もありますし、内容を聞いてこちらで対応することもあります。
ご契約いただく会社様も様々なので対応も様々です。

法律関係の事務所様あてのお電話では専門用語が多く、初めはとても苦戦しました。
「事件番号」というものがあることさえ、今まで知りませんでした。
裁判所に関しても、裁判所といっても係などが細かくたくさんあり、一回で聞き取るのが難しい場合もあります。
あとは警察署と検察所がややこしいです。
意味も全く違いますし漢字では似ていませんが、音声で聞くと一文字違いなので、よく聞かないとどちらかわかりません。
「期日請書」などこの仕事を始めてから知った言葉がたくさんあります。
少し知識が増え、賢くなった気がします。

通販サイトなどの対応もあります。
アクセサリーなどファッション関連のものだけでなく、工具や部品などの通販もあります。
いつどのように使うのかもわからないようなものもたくさんあります。
業界の方などには必要なものなのだと思いますが、私としてはこの仕事をしていなかったら見ることもなかったかもしれません。

注文をCUBEで受けることもあります。
名前だけでなく、住所なども聞いてご報告しなければなりません。
住所の地名は聞いたことのない名前だったり漢字が難しかったりします。
日本にこんな地域があったのかと知ることが多いです。

通販ではないところもたくさんありますが、扱っている商品も様々で、やはり専門用語がたくさん飛び交います。
商品が医療器具であったり、建築や工事用品であったり。
その機能についての話になるとわからない言葉がさらにでてきます。

この仕事をして初めて聞く言葉がとてもたくさんあります。
これからもいろんな言葉や知識が増えることを楽しんでいこうと思います。