皆様は、何か締め切りを抱えていらっしゃいますか?
私は最近、個人的な活動での作品を提出することとなり、締め切りに追われておりました。
提出が決まったのが突然だったこともあり、完璧な出来とまではいきませんが、なんとか形にすることができました。
また、初めて挑戦する要素も多く含まれており、新たに学ぶ場面もたくさんございました。

締め切りが迫ってから提出できたときは達成感がありますよね。
しかし、ルーチンワークと化してしまうと、最後の方にはやっつけ仕事で片付けてしまう…なんてことにもなりかねません。

弊社の電話代行サービスでは、お電話を切ってから、内容を電話やメールでご報告するというサービスがございます。
このご報告は、基本的にお電話を切ってから(内容にもよりますが)5分前後で行っております。
「○時までに××してください」といったような時間の指定があるご連絡はもちろんですが、ご用件には鮮度がありますので、お預かりしたご伝言内容はできるだけ早くお届けするべきであると考えております。
しかし、お電話が込み合っていて対応に追われ焦っていたり、ご報告をすることに慣れてしまうと、報告の内容がやっつけ仕事になってしまう恐れもございます。
報告が簡素になってしまうだけならまだしも、届けた情報が誤っている、などということになると「仕事ができていない」ということになり、それでは弊社を利用する意味がありません。

そういったことが無いよう、弊社では統一して必ずご報告をする前に、報告の内容を一通り確認しております。
お客様視点の発言だけではなく、クライアント様がわかりやすい内容かどうか、クライアント様が知りたい情報は全て伝えられているか、クライアント様の視点に立つことを意識して確認することを心がけています。

常に「情報は正しく伝えられているか?」、「お客様が伝えたいことが、感情も含めてクライアント様へ伝わるように書けているか?」を忘れずにしていきたいと考えております。
これからも、クライアント様へ常に新しい情報を、正しく素早く届けられるよう、時には目線を変えて考え、日々精進して参りたいと思います。