8月になり、夏本番を迎えましたが、体調などは崩されていませんか。
今年は、例年よりも気温が高くなるのが早く、災害並みの猛暑と言われていますね。
厳しい暑さが続いていますが、猛暑のピークは2回あり、7月いっぱいまでと8月下旬~9月上旬と予想されています。熱中症での緊急搬送者数は昨年同時期の2~4倍弱にもなったそうです。
これからもまだまだ暑い日が続くということで、今回は熱中症対策について調べてみました。

熱中症は、条件次第で誰にでもかかる危険性がありますが、正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。そこで対策法について調べたところ3つの方法がありました。

①シーズンを通して暑さに負けない体作り
喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をしたり、毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にも繋がります。
また、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぎましょう。日々ぐっすりと眠ることは日中の熱中症対策にも繋がります。上記に加えてバランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体を作ることが大切です。

②日々の生活の中で暑さに対する工夫をする
自分のいる環境の気温や湿度に気を配りましょう。
過度の節電や我慢はせず、扇風機やエアコンで室温を適度に保つことも大切です。冷却シートやスカーフ、氷枕などの冷却グッズを利用するのも1つの手です。首元など太い血管が体の表面近くを通っているところを冷やすと、効率よく体を冷やすことができます。また、帽子を被ったり、日傘をさすことで直射日光を避けるようにしましょう。

③特に注意が必要なシーンや場所で暑さから体を守る
出かけるときは水筒などでいつも飲み物を持ち歩き、気づいたときにすぐ水分補給できるようにしましょう。また、暑さや日差しにさらされる環境下ではこまめな休憩をとりましょう。テレビ、Webなどで公開されている熱中症指数で、熱中症の危険度を気にすることも大切です。

私も日々の業務を頑張るためにも熱中症対策をして、体調管理に努めようと思います。
炎天下の中、営業に出られる方や外でお仕事をなさる方もいらっしゃると思いますので、皆さまどうぞ体調管理にはお気をつけくださいませ。