じめじめとした梅雨の季節がやって来ましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
雨の日が増えて何となく憂鬱な気持ちになることがあり、こんな時に快適な生活を送ることができたら・・・と少々調べてみることに致しました。

まず、梅雨には段階があるそうです。
梅雨入り時期はシトシトと静かに雨が降る日が続き、日中に大きく気温が上昇することはなく、肌寒さを感じることもあります。朝夕の気温が一定している為、過ごしやすい時期と言われています。

その後、急に真夏のように気温が上昇していきます。これは梅雨明けではなく『梅雨の中休み』という現象で、急な気温上昇により体調を崩しやすくなります。そして、梅雨の後半あたりでは、雨量が増えて豪雨の日が何日も続き、地域によっては洪水や土砂崩れに注意が必要です。

また、この時期に何となく怠さを感じるのは、梅雨特有の気温差で体温調整が難しくなっているからです。
雨が降って気温が下がったかと思えば急に晴れて気温が上昇することもあり、その変化に対応しきれなくなって体が疲れる・急に眠くなる等の怠さを引き起こします。さらに、交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり、鬱病や自律神経失調症になりやすいとも言われています。

冒頭でもお話しましたが、私もこの時期は憂鬱な気持ちになりやすく、気温と体の関係によるものと原因がわかり安心することができました。

対策としては、適切な体温管理や気分転換をすると効果的だそうです。
気温が5℃下がれば衣服が1枚余分に必要になるのですが、簡単に脱ぎ着できる衣服を鞄に忍ばせておき、気温が上がればエアコンの温度を1度上げる・扇風機やうちわで皮膚の周りについた熱を吹き飛ばす等、気温の変化に対応していきましょう。

また、朝起きたらカーテンを全開にして室内に光をとり込む・曇り空で暗い場合は部屋の電気を点ける等、お部屋を明るくすると体と頭が目覚めてどんよりした気分を晴れやかにすることができます。
この時期の怠さはお仕事にも影響が出てくるかと存じますので、快適にお過ごしいただくためにご参考になれば幸いでございます。