CUBE電話代行サービスに入社してまだ間もない新人スタッフです。
私は転職の後、入社したのですが、初めての経験をたくさんしています。
まずはこのブログです。
まさか自分がブログを書くことになるとは思ってもいませんでした。
個人的なSNSのようなものではなく勤めている会社のブログの記事を書く、というのは何とも言えない緊張を感じます。
これが初めてのブログ記事です。

弊社のオフィスは大阪駅前の第4ビルの中にあります。
梅田には数えきれないほど何度も来ていますが、第4ビルの中に入ったのは会社の面接のときが最初でした。
それまでは、外の有名な宝くじ売り場までしか行ったことがありませんでした。
初めての第4ビル。エレベーターが2つありますが、それを知らなかった私はとても混乱しました。
地下から14階までの中層階用のエレベーターと、1階から15階以上までの高層用のエレベーターがあり、行き先によってエレベーターを乗り分けなければなりません。こんな大きなビルは初めてです。

電話代行業務では、毎日たくさんのお電話をおとりします。
電話機はパソコンとつながっており、通話中に私たちは受話器を持ちません。これも初めての経験です。
ヘッドホンとマイクがくっついたような道具を頭につけて電話をとります。
これまでは受話器を持っての電話対応しかしたことがなかったので、初めはとても戸惑いました。
マイクの位置を細かく変えられるのですが、相手に聞こえやすいマイクの位置がどこになるのかはまだつかめずにいます。

電話代行という業務自体ももちろん初めてです。
こういった業務があるということ自体、勤務するまで知りませんでした。
難しいのは様々な会社様宛にかかってくる電話に対して、その会社の人間になりきるということです。
今まで聞いたことのないような専門用語を言われることも多いです。
初めて聞く言葉、意味のわからない言葉でも動揺を見せず的確な対応ができるようにしなければなりません。
意外と精神力の試される業務だなと日々感じております。

新しい職場の雰囲気には慣れてきましたが、業務についてはまだまだ課題だらけです。
精進してまいりたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。