皆様、こんにちは。
ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
さて、私ごとではございますが、日ごろパソコンやスマートフォンで作業をするせいか、目の疲れや頭痛、肩こり等の症状が出るようになりました。
恐らく、眼精疲労の影響ではないかと思います。

眼精疲労とは、眼を駆使し続けることにより、眼痛、眼のかすみ、充血等の目の症状や頭痛、肩こり、吐き気等の全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態をいいます。
近年では、パソコン機器等を使用する機会が増えたことで眼精疲労になるケースが多いそうですが、度の合わない眼鏡の使用や緑内障・白内障でもそのような症状が出ることがあり、全身疾患に伴うもの・心因性のもの・環境によるもの等、その要因は多岐に渡ります。

要因になっているものを特定して治療をしていくのですが、眼精疲労の背後になにか病気が隠れていないかチェックすることも大切であり、視力・眼圧・眼底・視野・眼球運動等の検査を受け、病気が見つかれば治療を進めます。
原因を特定できない場合にも、細胞の新陳代謝を助けるビタミンB製剤の点眼によって症状が改善することがよくあるそうです。

そして、「視環境」や「視生活」の見直しも効果的とのことで、作業時の照明の明るさ・姿勢・パソコンの位置等を適切に調整し、パソコン作業中はこまめに休憩をとって目を休め、軽い体操を取り入れると良いそうです。
その他にも、室内の乾燥や空調の風によるドライアイやたばこの煙から眼精疲労になる方もいらっしゃるので、治療しやすい環境作りを意識することも大切です。

私の場合、日ごろのパソコン・スマートフォンの作業が当てはまりそうですので、目を労りながら生活していきたいと考えております。
また、寝不足のときには、目を使う時間が長くなる一方で目を休める時間が減るということでございますので、十分に睡眠をとるよう心掛けていきたいです。
皆様にご満足いただけるサービスをお届けできるよう、毎日体調万全の状態で業務に取り組んで参ります。
皆様もどうかご自愛いただきますようお祈り致します。