いつも弊社のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
本日は、皆様がお仕事でお使いのPCの歴史についてご案内させていただきたいと思います*
元々日本のパーソナルコンピューターは主にアメリカからの輸入品でありましたが、時代が少しずつ進むにつれ、機能を搭載していきました。
以下、年代別にPCの初発売からの歴史をまとめてみました★

☆1975年
・米MITS社が、世界初の組み立てキットパーソナルコンピュータ「ALTAIR」発売しました。

☆1977年
・精工舎が国産初のマイコンを発売しました。
・マイコンとはパーソナルコンピュータの原型と言えるコンピュータです。
・その後、米アップル社がApple IIを発売。

☆1978年
・東芝が日本語ワープロを発表しました。
・より安価なコンピューター(PC)が各社から発売されました。(シャープや、日立など)

☆1979年
・8色のカラーと最大80文字×25行のテキストを表示できる、PCをNECが「PC-8001」発売。

☆1980年
・16bitマイコン用OSが開発されました。

☆1981年
・16ビットの「IBM PC」が登場して、世界的にベストセラーになりました。
・三菱電機が国産初の16bitパソコンを発売しました。
・ワープロソフトのword perfect(日本の一太郎)が普及しました。

☆1982年
・16ビットCPUを採用して長くベストセラーとなったPC-9800シリーズが登場。

☆1983年
・ホビー用途を中心に1980年代は8ビットパソコン全盛時代だったそうです。
(8ビットゲーム機ファミリーコンピュータ発売されたり…)
・ソニーから初めて3.5インチのフロッピーディスクを内蔵したPCも出ました。

☆1985年
・皆様よくご存知のMicrosoft Excelが登場しました。
・PC-9800シリーズに日本語入力システムとして一太郎が搭載され、ビジネス用途を中心に 16ビットパソコンの出荷台数がかなり増加したようです。
・Post Script対応プリンタが登場し、DTPの普及に貢献しました。

☆1987年
・シャープがゲームの開発も可能な、16ビットパソコン「X68000」発売。
・富士通が初の32ビットCPUを採用し、従来機の2倍の処理速度を誇りました。
・Windows 2.0の 発売。

☆1991年
・Windows 3.0が発売。
ティム・バーナーズ・リー氏がWWW(World Wide Web)開発し、NECが初めてのカラー液晶ノートパソコンを発表した年でした。

☆1995年
・Windows 95が発売。( MS-DOS 時代から Windows 時代へ)
こちらは当時、かなり話題になっていた事を私も覚えております。
Webブラウザ(Internet Explorer)を標準装備され、Java言語が公開されました。
また、米Lotus社がIBMに買収される。

☆1998年
・Windows98発売。
・アップルがiMacを発売。全てUSBで接続できる仕様となりました。
・「INSネット64サービス」を開始。

☆2000年
・Windows2000 Professional発売されました。
クロック速度1.4GHz~の時代へ。

☆2003年
・初の64ビットパソコンであるPowerMac G5が発売です。
・また、Apple が Safari 1.0 を発表。

☆2007年
・Windows Vistaの発売。

☆2009年
・日本初Google Android OSを搭載したスマートフォンが発売され、Windows も発売されました。

☆2011年
・iPhone4S発売。世界各国で爆発的なヒット商品に!

☆2012年
Windows 8発売。

☆2015年
・Windows 10発売。

☆2017年
・2015年発売の、Windows 10のシェアが徐々に伸びてきているようです。

以上、簡単ではありましたが、年代別にPCが生まれ、現在までの歴史を綴ってみました。
プライベートやお仕事を問わず、私達の傍に当たり前のようにあるPCですが、今やなくてはならない必需品ですよね。
電話代行のお仕事をさせて頂いている私達もお電話をお受けするためのシステムや、ご契約者様宛の報告メールを作成するのに毎日お世話になっております!(^^)!
これからもっと小型化し、便利になっていくと思われるPC。
このような便利なものを使えることに感謝をし、大切に使っていきたいと思います!