先日、英語での電話応対をした事はまだないと話をしていた者です。
言葉にしている事は現実になると言ったり言わなかったりしますが、取りたいと書き込んだその数日後に数日に1本のペースで英語での電話応対をさせて頂いております。まだまだ他の方に比べたらなんてことはない数にはなりますが、ゼロではないので取ったことが無かった時の自分よりは多少の進歩や成長はしているのではないかなと思います。

英語での電話応対と言ってもお話する事、お伝えする事は日本語での応対と大差はありません。ですが、いざ母国語以外でお電話を受けるとなると緊張するものです。今から英語で電話がかかってきますよ!というアクションも何も無く唐突に来るのですから。
実際取ってみると電波の状況等で聞き取りづらかったり、お相手様が早口で何を話してらっしゃるのかさっぱり分からなかったりと頭ではこういう風な困難が待ち受けているだろうなと分かっていてもいざ直面してみるとどうしていいのか分からなくなったというのが正直なところです。

冷静に考えれば分かる単語や文章等も緊張して頭が真っ白になってしまい、言えなくなる事も最初のうちはありました。その度に保留をして先輩に聞いて教えてもらっていましたが、いつまでもそういう訳にはいかないという事はさすがの私も理解しておりましたので、使用頻度が高くなると思われる単語、文章はメモに起こして目のつきやすいところに付箋として貼り付けるなどの工夫をしてよりスムーズでお互い心地よい対応、会話を心がけています。
ですが前述の通り、お相手様が早口で何を仰っているのかわからない事があります。
その時はわかったフリをせず、正直に

Could you speak more slowly, please? (もっとゆっくり話していただけないでしょうか。)

とお伺いして確実にご用件、お名前、必要であれば電話番号を聞き取っております。

何より電話の際の聞き取りで難儀をしているのが【名前や会社名のスペルの聞き取り】です。フォネティックコードを活用し、●for△△△といった形で確認を取るのですが△△△
に該当する単語がパッと思い浮かばない事があるのです。自分自身の語彙力の無さをここでも露呈してしまうのかと苦悶する日々ですがめげずに精進いたします。

言語の壁というのは薄いものではないですが道具を用いて壁に穴を開ける程度の事は可能です。
私自身、まだまだ未熟で開けられる穴はせいぜい風穴程度です。この穴を大きくするべく日々様々な事を学んで成長していきたいと思っております。
CUBEでは、海外の方とお取引をするご予定がある、またそれを視野に入れている方の前に立ちはだかる言語の壁に穴を開けるお手伝いを致します。よろしくお願い致します。