こんにちは。
冬のインフルエンザ、春が来たと思ったら花粉症…季節に合わせて様々な対策をしなければならないのは大変ですが、日々健やかに過ごすことができますよう、体調管理を行っていきたいところです。

さて、先日コミュニケーションに関する研修を受けてきたのですが、電話応対のお仕事に生かすことのできるものばかりで大変勉強になりました。
対人のコミュニケーションとは異なり、お電話ではお互いの表情を見ることができません。そのような状態で、円滑で気持ちのこもったコミュニケーションをとるには、聴く力と伝える力が重要と考えております。

今回の研修では、アナウンサーや劇団員の方が行うトレーニング方法を教えていただき、主に発生の勉強をすることができました。
「ア・エ・イ・ウ・エ・オ・ア・オ」をア行から順に読み上げたり、早口言葉や落語の「外郎売」をスムーズに読み上げたり等を通して、一音一音をはっきりと声に出すことの難しさを痛感致しました。
そして、自分が思っていたよりも発声できていないことに気づかされました。

併せて腹式呼吸のやり方も教えていただき、今後、呼吸を上手に使ってお腹から発生するよう意識していこうと決意致しました。
さらに、文章を様々なパターンに合わせて抑揚に変化をつけるトレーニングでは、抑揚のつけ方によってこんなにも聞こえ方が変わるのかと大変驚きました。
電話代行では、ご契約者様からいただいたご指示をお電話口の方へ正確にお伝えすることを徹底して行っておりますが、様々なお客様がいらっしゃいますので、時に伝え方に工夫して変化させなければならない場合もございます。
ご指示を正確にお伝えし、尚且つお電話口の方にも気持ち良く切電していただきたいと常々考えておりましたので、今回のトレーニングで学んだことを大いに活用していきたいと思っております。

また、トレーニングの成果を発揮し、お客様に喜んでいただけるものとなりますよう、日々精進して参る所存でございます。