みなさんこんにちは。
2018年も新年度を迎え、早くも2週間が経ちましたね。
先日…と言いましても2週間ほど前になりますが、大阪城公園へお花見に行って来ました。みなさまはどこかにお花見には行かれましたでしょうか。
今年の桜は例年よりも開花が早かったので、お花見のタイミングが難しかったような気がします。私の参加したお花見も予定より1週間早まりました。
桜の開花も早まった今年は4月の初め頃に不安定な天気が続いていましたがやっと春らしくなってきましたね。
春といえば新年度、新学期、、、などなど新しく何かが始まる季節ですね。
気持ちも新たに、習い事など始められる方も多いのではないでしょうか。
習い事とは異なりますが、私は定期的にTOEICを受ける様にしました。
次回は6月の公開テストを受験する予定です。
やはり、語学力を維持するためには日常的に学習し自分の力を確かめる事が必要と感じております。定期的に試験を受ける様にしたことで自然と毎日学習する癖もつきましたので様々な良い影響が出てきています。
「スコアがすべて」という訳ではありませんが、自身の弱点をしっかりと再確認し、効率よく学習する事が良い結果を出す近道とも考えております。
 弊社CUBE電話代行サービス英語応対スタッフはよりスムーズ且つ迅速な対応が出来る様に個人のスキルアップなど様々な工夫をしております。
日本国内から英語でお電話を下さる方もいらっしゃいますが、やはり国際電話をご利用になり海外からお電話を下さる方が圧倒的に多いので、国際電話料金の面も意識しながら、応対が必要以上に長くならない様に対応に臨んでおります。しかし、対応がお座なりになってしまっては本末転倒ですので、聞き漏れ・伝え漏れのないように、ご用件・ご希望を明確に聞き取り、必要な案内をきちんと案内を行えるように気を配って対応しております。
CUBEでは「クライアント様の大切なお取引先の方も大切にしたい」そういった想いで応対にあたっております。
「外国向けの事業を展開したい」「外国からの観光客の方に来て欲しい」「外国の方が日本で暮らすために手続きを行っている」などなど。
現在電話代行の導入を検討されている方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にお電話下さいませ。
様々な形での事業者様に対して、CUBEでは可能な限りご要望にお応えしたいと考えておりますので、まずはお電話やメールでお問合せ・ご相談を頂けましたら幸いでございます。