英語の受電をするグループに所属しています。最近、プライベートで偶然英語を使う機会があったので、その時の事をブログに書きたいと思います。
CUBE電話代行サービスは大阪駅前第4ビルと言う、その名の通り大阪駅に程近いビルに入居しています。すぐ近くに日本でも有数の繁華街があり、たくさん観光客の方がいらっしゃいます。先日その通りを歩いていた時に、外国人のカップルに英語で話しかけられました。関西ローカルの『せやねん』と言う番組の『道案内しまっせ』のコーナーにひそかに憧れている私はとても嬉しかったのですが、そのカップルは雑居ビルを指さして『このビルはいつ開くのか。』と尋ねてきました。その時は休日の午前中で、当分開きそうにない雰囲気だったうえ、どれだけビルの周りを探しても案内は出ていませんでした。そのカップルは行きたいお店の事を事前に調べていて、この時間は営業しているはずと言っていたのですが、日本語版のサイトで調べてみると、祝日は休みだと分かりました。そのことを二人に伝えると、とても残念そうでしたが、『また来るから大丈夫。』とにっこり笑ってくれました。後から知ったのですがそのお店はミシュランガイドに掲載されているとんかつ屋さんだったようです。

この経験から「とても簡単な事でもちょっと聞いてみなければ分からない事は多い。」と実感しました。そういった観点からもCUBE電話代行サービスが提供している英語プランは、ビジネスチャンスを逃さないようご利用いただけると思います。
例えば、今このブログをお読み頂いている方が、商品を販売していて海外のお客様向けに英語のHPをお持ちだとします。必要な情報は大抵HPに記載されているのですが、読み落としてしまったり、何らかの先入観があって書いてある意味が理解できなかったりする事は多々あると思います。そんな時に、電話で問い合わせが出来たらとても便利ではないでしょうか。
私はまだ2年しかこのお仕事をしていませんが2年前に比べて、海外の方からの英語のお電話を取る事が増えたと感じています。(先ほど例に出したメーカー様やネットショップ様よりは法律関係の事務所宛の電話の方が顕著ですが)今後も英語での対応が必要な場面はますます増えてくると思います。CUBE電話代行サービスでは様々な業種の会社様の電話に対応しておりますので、英語で電話代行を探している方がいらっしゃいましたら是非お問い合わせくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。