先日、美容院の予約の電話をした際に「左様でございますか」、「恐れ入ります」等の言葉が自然に出てきてしまいました。職業病ですね。
入社したての頃は、間違った敬語の使い方をしていた身としては、やっと体に敬語が染みついてきたのだなと実感出来て嬉しいです。
正しい言葉使いを学ぶことが出来て、毎日の受電で実践できています。
誤った言葉遣いをしている場合はすぐに指導いただける環境で、与えられた仕事を淡々とこなすだけではなく、自分自身が成長出来る職場で働く事が出来て幸せです。
皆様にもっと満足して頂けるお電話対応を目指して、日々精進してまいりたいと思います。

そんな中、いまだに判断出来ずに悩まされているお電話があります。
それは『営業のお電話』です。
しつこいお電話だとなかなかお切り頂けず、営業のお電話を受電中に他のお客様からお電話があれば話し中になってしまう為、クライアント様の業務にも関わってきます。
その為、私共も不要な営業に無駄な時間を取られない様、瞬時に営業か否かを判断する必要があります。
しかし、「以前お話ししていました」、「社長様にお話しているので繋いで頂けたらお分かりになります」等、巧妙な話術でとても判断が難しいお電話もあります。
彼らも彼らでお仕事なので、少しでもセールストークを聞いてもらえるよう、言葉巧みに担当者へ繋いでもらえるよう誘導してきます。
最近では、個人のお問合せを装った営業のお電話もあり、まんまと騙されてしまいました。
判断が難しいお電話は必ずご用件をお伺いし、弊社で勝手な判断を行い、大切なお客様だった場合、取り返しがつかないように必ずクライアントに確認をさせていただいております。

確認の結果、営業とご指示を頂いた場合は、コールカウントからは除外し、次回からお繋ぎしない様に社内で統一させて頂くとともに、私共でお断りをさせて頂いております。
電話代行を検討されている方の中で、セールスの電話が多々あり、通常業務の時間が取られてしまい、お困りの方も多くいらっしゃると思います。
弊社は電話代行会社でよくある「すべて折返し対応のみ」というだけではなく、ご契約いただいた方達がスムーズに通常業務を行えることを一番に考え、営業のお電話はシャットアウトするよう心掛けております。

このブログをご覧いただいている方で営業電話に悩んでいる方がいらっしゃいましたら、一度電話代行を検討してみてはいかがでしょうか。