体調を崩しやすい季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。

弊社は、電話のお仕事が中心でございますので、のどや体調管理には細心の注意を払っております。
それでも気分が悪くなったり寒気がしてきたりしますと、とにかく思い付く限りの対策を施します。
これからご紹介するのはあくまで私の個人的な手法ですので、すべての方に有効ではないのかもしれませんが、ぜひお役に立てればと思いますので、ご紹介させて頂ければと思います。

まずは、私が会社の冷蔵庫に保管しているもので優秀なアイテム「ゆず茶」のご紹介です。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、こちらは蜂蜜とゆずピールの詰まったジャムのような形状のもので、水でもお湯でもどちらでも対応が可能です。
蜂蜜はのどに効きますし、ゆずのさっぱりした香りで気分も癒されます。
ジャムのようなお茶のシリーズで言えば生姜湯のバージョンもありますが、少々汗をかきやすい体質の私は生姜で暖まりすぎ、汗で体を冷やしてしまうので、ゆずを愛飲しております。

お茶といえば、こちらは母の受け売りですが、緑茶もおすすめです。
本来、のどに異変を感じたらこまめにうがいをする事が大事ですが、中々仕事中は頻繁にうがいに行くことが難しいと思います。そのような場合は緑茶を飲むといいとの事です。緑茶に含まれるカテキンがウイルス細胞への吸着や細胞内での増殖を阻害する効果と、テアニンは免疫力を高める効果があります。
こちらはコンビニでも自販機でもどこでも手に入るので便利だなと思います。

最近友人に聞いたもので、意外な物は「コーラ」です。
炭酸飲料なので好みが分かれると思いますが、気分が悪い時や既に体がだるい時に有効です。
かなりの糖分を含んでいるので、飲むと回復が早くなるそうです。先日、実際に気分が悪くなった友人がコーラを飲み、少し休憩しておりましたら、歩ける元気が出てきました。もしかしたら効くと聞いたことによる思い込みもあったかもしれませんが、その友人によると医学書にも記載があったとの事です。
 
飲み物ばかりのおすすめになってしまいましたが、最後のおすすめは「首」と名のつく所を温める!です。
こちらもご存知の方が多いとは思いますが、手首や足首など「首」がつく部位(または「脈を打つ場所」)を冷やさないことが大事だそうです。デスクワーカーさんでなければ難しい所ではありますが、足首であればレッグウォーマーはとても優秀アイテムです。厚手の靴下も効果的です。
首元はティペットやスカーフなどで温めますとずいぶんと体が楽になったように感じておりました。

もしかしたらご存知の事も多かったかもしれませんが、これからの季節を健康に乗り切る為、ぜひご参考にして頂けたらと思いました。
皆様どうぞご自愛くださいませ。