皆様こんにちは。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
新しい年が始まり3週目に入りますが、いかがお過ごしでしょうか。
私は今年初めから新居に引越しを済ませ、仕事に家事と大忙しの日々を過ごしております。
忙しい毎日ですがご飯だけは手作りしようと、毎食頑張っています。
ご飯を作るということは一見簡単なことのように思いますが、栄養バランスのとれたレシピを考え、調理することはなかなか大変だなと実感しています。
時間もあまり取れないので簡単で美味しいお料理を作れるよう研究中です。

 さて、今回のブログでは英語での受電時によく使う言葉をご紹介したいと思います。
電話代行という立場上、こちらから何か製品についてのお問い合わせに回答をすることや、お電話を頂いた方とやり取りをするということはほとんどありません。
頂いたお電話の内容や状況を確認し、折り返しお電話のご提案、クライアント様からご指示いただいている場合はメールでご連絡を頂くようご案内等を行っております。
何種類か「この時にはこう言うというパターン」を覚えておけば英語初心者の方でも対応することが出来ると思いますのでご覧下さいませ。

「折り返しご連絡致します」
I will tell/let/ask him/her to call you later.

「~をお伺いできますか?」(社名・名前など)
Could you tell me~
May I take your~

「メールでご連絡下さい」
Please send an e-mail.

「どの者宛のお電話でしょうか」
Who do you want to speak to?

「もう一度お伺いできますか」
Could you say that again for me?
Pardon me?

「少々お待ち下さいませ」
Could you hold on please?
Could you wait a moment please?

いくつかご紹介させて頂きましたが、上記の他にも会話をしているのでもちろん相手の方に合わせてお話をしています。
思っていることを相手に伝える時に文章をそのまま英訳すると、長くなってしまったり言いたい単語が出てこずうまく伝わらなかったりすることがあります。
お電話でお話をする時は丁寧な対応を意識しながら、相手に伝わる話し方を心がけています。

 英語での受電の質を上げるため日々勉強はしていますが、長々と慣れない難しい単語を使うより文が短くても、単語が簡単でも会話をしている相手にとって気持ちのいい話し方をしなければいけないなと感じています。
お電話口の方の表情を確認することが出来ないので、声のトーンや話すスピードにも注意していきたいと考えています。

 今年も多くの方に「電話代行を利用して良かった」とのお声を聞けるよう大きく成長していきたいと思っています。
お電話のことで悩まれている方がいらっしゃいましたらぜひCUBE電話代行サービスへお問い合わせ下さいませ。