声を出す上で姿勢や表情というのは重要なものだそうです。
そもそも、発声を行なう喉や口付近を圧迫すると声を出しにくいと言う事を自分でも実感しますし、自分で分かる位なら聞いている他人からすれば印象としてもっと大きく伝わっているかもしれません。
普段の会話からでも、声音で相手の感情や体調を判断するところもあるのですから、ビジネスの場、更には顔や素振りの見えない電話においてはもっと色んな面を持っているものだと思います。
自分の周りや出先で見る範囲でも、接客業や営業など対人が基本のお仕事をされている方はハキハキと明るくお話される場合が多いと思うのですが、それも見た目や声の印象をよくしようとされているからなのだと思います。

表情が笑顔だと、暗い声は出しにくく、逆に暗い表情では明るい声は出しにくいそうです。
なので、明るい声を出したいけれどどう話していいか分らないと戸惑われている方がいらっしゃれば、ひとまず笑顔を浮かべてみるといいのかもしれません
。緊張していたりなどして笑顔を作るのが難しいという場合は、口角をあげるだけでもよいそうです。
また、前傾姿勢になるとそれだけ喉を圧迫しますから通る声は出しにくいかと思います。緊張したり、気分が落ちているとどうしてもおどおどしたり暗くなってしまいますから、明るく話すということを意識するよりは、まず表情や姿勢を変えてみるのも一つ方法なのだと思います。
ビジネスの場に限らず、会話をする際はお互いに気持ちよく過ごしたいものです。
相手の受け取る印象も考えて意識していきたい点だと個人的には思います。

気心の知れた方とではない方が相手で、特に慣れないお電話ですとどれくらいの声のトーンがよいだろうか、話すスピードはどうだろうかと気を揉む方も多いと思います。
明るくと言っても大きすぎる声は元気を通りこして煩いと思われますし、丁寧にしないとと思ってゆっくり話しすぎても相手を苛立たせてしまいかねません。
誰であっても悪い印象より相手にいい印象を持ってもらいたいと思うことは当然のことだと思いますし、ちょっとしたことで好印象を持ってもらえるのなら、それに越したことはないですよね。
いい印象を持ってもらいたいからと逆に気が張りすぎて失敗する、ということがないようにしたいものですが、日々お電話頂く方々には適度な緊張感と、お電話でお迎えする気持ちを忘れずに明るく電話応対に努めていきたいと思います。