先日ネットで調べ物をしている時に『新入社員が電話に出ない』という、驚くような記事を見つけました。
今回は、この話題を取り上げて、考えてみたいと思います。

電話における受け答えはビジネスマナーの基本でありますが、新入社員の皆様は慣れない電話に苦戦しているようです。
相手先の名前を聞き逃したり、メモを取り損ねたりとミスをたくさんしてしまうことによって、ミスをすることを恐れてだんだん電話に出ることが恐怖だと感じ、積極的に電話に出なくなっていってしまっていないでしょうか。

この電話に対しての苦手意識には、犯罪から子供を守るために、家庭で子供に固定電話を取らせない、家に固定電話がない等、固定電話に出る経験が少なくなっているからという背景から影響を受けているのだそうです。
社会人になる前にアルバイトなどで電話対応をした経験がある場合は、そこまで電話対応に対しての苦手意識を持っていない人が多いようなので、この時代の変化の影響は大きいかと思います。
そういう場合は本当に初歩的なことではありますが、電話機自体にまず慣れることから始め、社内電話、内線、外線、あらゆることに慣れざるを得ない環境を作ることがまずは大切になるようです。
教わらなくても先輩を見て覚える、聞いて学ぶという事ももちろん必要だと私は考えます。
多くの事柄は本人が気づかなければ覚えることができませんし、言われて動くだけでは本人のためになりません。
転ぶからこそ転んだ時の立ち上がり方もわかり、転んだ時の痛さもわかります。
当たり前のことですが、本当に大切なのはミスをした後にどうすべきかを考えて取り組むことですよね。

電話を取るのが怖い、できれば取りたくないという気持ちは、いつの世の新入社員にも共通しているようです。
実は私もこの会社に入るまでは電話が苦手でしたので、電話に出ることが怖い気持ちはよく分かります。
しかし、入社して1年が過ぎた今では、緊張こそするものの電話を取ることに対する苦手意識はほとんどなくなりました。
電話対応をたくさんこなしている経験があるからということもありますが、実際の電話対応をさせていただくまでに、先輩が辛抱強くご指導くださったからではないかと思います。
もちろん、そんなことは分かっていても電話対応の指導に時間が割けない企業の皆様も多いことと存じます。
新入社員が成長するまで、事務員の方を雇うまでの期間で電話代行を利用するということも、選択肢のひとつとしてはあるのではないでしょうか。
CUBE電話代行サービスでは、そんな皆様からのお問合せをお待ちしております。