8月も後半となりましたね。
それでも暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
日が差す日中は冷房がないとなかなか過ごしにくいですよね。
普段、お仕事をしているとほとんど冷房の効いたオフィスにいることになるので、休日のお昼ごろに外に出るとその暑さにびっくりしてしまいます。
そのまま暑さについていけず、すぐに冷房の効いた建物の中に入ってしまうこともしばしばあります。

とても暑い日中は、当然たくさんの汗をかいてしまいます。
そんな中、長く水分を取らずにいると熱中症にもなってしまいます。
熱中症は放っておくと、悪化して救急車を呼ぶ事態となり、最悪の場合、死に至ることあります。
夏の猛暑日には、ニュースやお天気情報でも危険性を呼びかけられているのをよく耳にしますよね。
特に高齢者や乳幼児は、汗腺が少なく汗が出にくいということが理由で体温調節機能が低いため、体温が上昇しやすいそうなので注意が必要です。

人間の体の60%~70%は水分で構成されていて、その中たった5%でも水分を失うと熱中症や脱水症状となり、10%失われると意識障害、20%失われると死に至るそうです。そうなる前に暑い、喉が渇いたと感じたら、すかさず水分を補給することが大切です。

水分補給の中でも一番効果があるのは、塩分(ナトリウム)と糖分を含んだ水分補給が効率的だといわれています。
また、最近では経口補水液がペットボトルにて販売されていることもありますが、これは食塩とブドウ糖を混合し、水に溶かした脱水症状の治療にも使われる液体だそうです。
私も飲んだことがありますが、ポカリスエットよりも甘くないなといった印象でした。スポーツドリンクの甘い味が苦手な方はこちらを利用されてみてはいかがでしょうか。

さて、今回はまだまだ暑い日が続く中で、熱中症や水分補給について簡単にお話をしましたが、私たちは業務上お客様とお話をすることが多いので、水分を取らないと喉がカラカラとなってしまいます。ですので、業務中の水分補給は欠かせません。

熱中症対策とは少し異なる理由にはなりますが、どちらにせよ暑さには負けず、万全の体調にて受電業務に取り組めるよう励んでまいります。