皆様こんにちは。
いつもCUBE電話代行サービスをご利用頂き、誠にありがとうございます。
今回のタイトルは『感謝』ということで日頃のご利用者様への感謝の気持ちと、
日々受電をさせて頂く中で、私が体験したことを書いていこうと思います。

私どもはご契約者様の会社の一員として、日々お電話を受電させて頂いております。
ご契約者様の中にはネットショップを運営されている方、法律事務所などの士業事務所様、システム開発会社様など様々な業種の方にご利用を頂いております。

お電話を受電させて頂く中で、ネットショップ運営の方宛のお電話であれば
「頼んでいた商品が早速届きましたが、使い勝手がいいです。ありがとうございました!一言お礼を言いたくて…。」とお電話を頂くこともございます。
そんな感謝のお言葉を頂いた際にはしっかりと、
「温かいお言葉頂き、誠にありがとうございます。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。」や
「お客様のお手元に無事届きまして、私どもも嬉しい限りでございます。」など、
ご契約者様に代わり“ご購入いただきありがとうございます”の気持ちを添えて、しっかりと言葉に出して対応させて頂いております。

また、反対にクレームのお電話をお受けすることもございます。
弊社では基本応対と致しまして、クレーム一次対応もさせて頂いておりますが、
クレームにはご契約者様のご指示通り、真摯に対応させて頂きます。

クレームについては、謝罪はもちろん「ご意見を頂けたこと」、
また、「貴重なお時間をさいてご連絡頂きありがとうございます」といった“感謝の気持ち”も大切にしております。
ご連絡を頂いた最後には「この度はご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。また、ご連絡頂きありがとうございました。」としっかりと申し上げております。

基本的なことではありますが、”心からお伝えする”ということで、
電話越しでもその言葉を聞いたときに受け取られる印象も変わるかと思います。
今後もしっかりとご契約者様の一員としてお電話をお受けさせて頂き、
ご利用頂くすべての皆様に感謝の気持ちを持ち、
CUBEを利用して良かった!と喜んでいただけるようにしっかり努めて参ります。

今後とも何卒CUBE電話代行サービスを宜しくお願い致します。