こんにちは。
今年もまた『熱中症に注意しましょう』と天気予報で言われるような季節が始まりましたね。
暑くなったことにより、周囲で体調を崩す人がちらほらと出てきており、私も気をつけないといけないなと感じております。
皆様はいかがでしょうか。気温の変化で体調を崩されたりしていませんでしょうか。
気候からではないのですが、私は慢性的な問題で身体が悲鳴を上げることが度々ございます。

私は、ストレートネックと肩こりに長年悩まされています。
近頃は、20~30代の人でも同じような方がたくさんいらっしゃるようです。
【スマホ首】とも呼ばれているようで、某肩こり解消グッズのCMでも取り上げられているこの言葉をご存知でしょうか。
その症状は【頭痛・腰痛・吐き気・肩こり・首こり・めまい・手のしびれや痛み・うつ気味になる】等々になるようです。
首や肩が直接痛くなるだけではなく、私はまさにこれらの症状が出ています。
スマホ首の原因としては、文字通りスマホを見るためにうつむき姿勢になり、長時間同じ姿勢でいることによって首の筋肉の緊張が続いてしまい、筋肉が硬くなってしまうことが原因になります。
筋肉量の少ない人は特にこのスマホ首になりやすいと言われているようで、一度スマホ首になってしまうと改善が難しいと言われているので、日頃から意識して筋肉が硬くならないようにしないといけません。
また、肩の筋肉をつけるのもいいそうです。

そして、そのスマホ首に効果的なストレッチがございましたのでご紹介したいと思います。
1.胸を開いて腕を後ろにもっていき、肩甲骨をほぐす。
※この際に、できれば頭も後ろに倒してあげるとより効果的なようです。

2.背もたれのある椅子に座った状態で両腕を上にあげて後ろに反らす。
※背中と背もたれの間にタオルの様なものを挟んでおくといいみたいです。

3.腕をつきながら、背中をのばすように上体そらしを行う
※これは、寝る前に行うといいそうです。

このストレッチは何も道具がいらないので気軽に毎日できることが特徴です。
全て5回ほどゆっくりと行うと効果があるようです。
デスクワークで硬直しがちな身体をきちんと解して、万全な体制を作ってこそ、より良い電話応対に繋がると思いますので、日頃から体調管理をしっかり行ない、日々の業務にしっかり取り組んでまいります。