現在、多数のお客様に弊社CUBE電話代行サービスをご利用頂いております。
今回はCUBEにてお電話を受電した際の、お名前・お電話番号の確認方法についてご紹介したいと思います。

お電話を頂きますと、必ず確認させて頂くのがお客様のお名前・お電話番号でございます。
ですが、お電話番号をお伺いさせて頂くと、中には、
「携帯にお電話します」、「こちらから改めるので結構です」と仰る場合がございます。
もちろん、お伺いした内容をそのままご報告致しますが、予めご指示を頂ければ、
上記のように改めると仰る方にもお電話番号をお伺いさせて頂くことが可能でございます。
但し、中には親しげな方や「直接お電話しますので結構です」、「ご存知ですので結構です」、
「名刺に記載しておりますのでご存知です」等とお伝え頂けないケースもございます。
その際は「出先からのご連絡になるかと存じますので、念のため、お電話番号をお伺いさせて頂いても宜しいでしょうか」と、さらに確認させて頂くことが可能でございます。

また、お名前をお伺いする際も通常は社名・氏名(名字)をお伺い致しますが、
同じ名字の方も多くいらっしゃるため、名字だけではそのご担当者様を特定できないケースがございます。
勿論、お電話番号をお伺いするため、お電話番号で判断することも可能かもしれませんが、
『佐藤様』や『鈴木様』等、 非常に多い名字の方ですとどの佐藤様からお電話頂いたのか判断できず、
出先や打合せの合間などにお調べするのもお手間かと存じます。

また、事前にデータや資料を手元に用意した上でお電話するのと、
折返しのお電話を掛けた際に、再度ご用件を伺うのではお客様の印象も変わってきます。
そのため、予めご指示をいただければフルネームでお名前をお伺いすることも可能でございます。
但し、やはりこちらも親しい方の場合、下の名をお伺いする事が難しい場合や、
お電話番号と同様に「ご存知ですので結構です」、「苗字しかお伝えしていないので結構です」、
「田中とお伝え頂けば分かります」等とお伝えいただけないケースもございます。
その場合は、無理にお伺いすると不審に思われる方や、気分を害される方もいらっしゃるため、
聞取りの経緯と先方が仰った内容をご報告させて頂きます。
ご指示を事前に頂ければ、追加オプション料金は頂かずに応対させて頂きますので、
こちらも踏まえ、弊社CUBE電話代行サービスご利用のご検討を頂ければ幸いでございます。

また、お電話でもお問合せは受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さいませ。