皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私は入社してとうとう1年が経過致しまして、何とも言えないプレッシャーのような妙な感覚を覚えております。
時間が経つのが早すぎて、自分自身の心がなかなか追いつかず必死です。

先日、社内にてCUBEのスタッフとして働く意味や、そもそも仕事(ビジネス)をするとは何かという事を考える機会がありました。
今後CUBEの受電スタッフとして、何を意識して業務に当たるかというお話をしていただきました。大事な要素をいくつも知る事が出来ました。
全てを心に留めて日々勤めていこうと思っていますが、印象に残っている事がいくつかあります。

まず、「目に見える数のみに頼らずビジネスで成功する要素は何か」という事です。
主に2つという事だったのですが、私は一つしか出てきませんでした・・・
ただ、言われてみれば納得でした。
どちらも端的に言いますと「お客様の喜び」を大切にするという事でした。
CUBEが携わる皆様に喜んでいただける応対を日々心がけ、顧客満足に努めるのは非常に大切だと思いました。

また、「CUBEの受電スタッフとして大切な事は何か」という点において説明を受けたのですが、自分はまだまだだという事を痛感しました。
こちらは重要度という点で3段ピラミッドの図解で解説されました。
土台が、正確に着実に業務をこなすという“基礎・根本”の部分、
真ん中が、相手の話、雰囲気、気持ちを含め、全てを【聞く事】、
頂点が、【声の表現力】でした。
各々の要素の解説を聞いている中で、やはり頂点の部分はこれからもっと磨きをかけていかなければならない所だと思いました。

受電をさせていただく中で、特にクレームはこちらの対応でより一層ご機嫌を損なってしまう事もございます。
先輩方の対応を常々参考にして、日々業務にあたっているのですが、まだ至らない点や課題が山積みです。
最高の電話代行サービスが出来る受電スタッフとして成長すべく、これからも先輩方を見習い、今回学んだ事を念頭に置いて、自身の応対の質の向上の為に精進していきたいと思います。
1年経ってもまだまだ不安な事だらけですが、頑張っていきますので宜しくお願い致します。