弊社では、さまざまな業種の方々にお電話代行サービスをご利用いただいております。
会員様の中には、工事関連の会社の方も多く、足場などを設置する仮設工事会社様もいらっしゃいます。
お電話代行サービスのご契約時に、基本的な応対方法のご指示下記2通りからお選び頂きます。

①応答後転送(通話料が実費で発生いたします)
 内線感覚にてご指定頂いたお電話番号にお電話をお繋ぎさせて頂きますと、
 掛けてこられたお客様と直接お話し頂けます。

②外出応対
 受電内容をメール連絡、もしくはお電話連絡のどちらかご指定頂いた方法にて
 ご報告させて頂きます。

今回は②の外出応対を選ばれる方の例を2つご紹介いたします。

1日の中で打ち合わせの時間が長い方は、②の外出応対をお選びいただくケースが多くございます。
打ち合わせ中にお客様の目の前でお電話に出ることは困難だが、お客様のお電話に出ないのも
失礼だと悩んでいらっしゃる方に多く指定して頂いています。
外出応対をさせて頂く場合、特別なご指示がなければ社名・氏名・お電話番号・簡単な用件(書類の件等)を
お伺いさせて頂きます。

また、御見積ご希望や、どのような流れで進めていくのか等、お客様のご要望内容も【〇〇の件】等と簡単に
お伺いすることも可能でございます。
事前にご確認させて頂くことで、お客様にお電話する前に確認しておける為助かるとご好評頂いております。

工事会社様の場合、詳細な住所を聞き取る必要がある場合がございます。
弊社プランの標準プランでオプションにはなりますが、詳細な住所の聞き取りも可能でございます。
その他に詳細な用件・内容の聞き取りが必要な場合は、プランによって対応可否やオプション料金が
発生する可能性がある為、御見積もりをさせて頂きます。
お気軽にお問い合わせください。

外出応対希望の方の中には、基本的には②の外出応対希望ですが、〇〇様や〇〇株式会社様からの
お電話は転送して下さい。
また、本日〇時頃に掛けてこられる〇〇様のみ転送して下さい、至急の場合のみ転送して下さい等と、
予めご指定頂いた方のお電話のみ①の応答後転送という形で内線感覚にてお繋ぎさせて頂き、
掛けてこられたお客様と直接お話して頂く事も可能でございます。

上記のように事前にご指示を頂ければ応対方法をどちらかに固定しないといけないという訳ではなく、
基本対応をどちらかお選びいただく形にはなりますが、変更する事も可能です。
追加オプション料金などはいただかずに対応させていただいております。
(応答後転送の場合、通話料が実費で発生いたします)

こちらもお気軽にお問い合わせくださいませ。