弊社の電話代行サービスでは、受電した営業のお電話に関して、特別なご指示が無い限りクライアント様にお繋ぎをしないようにしております。
入社当初は営業のお電話の判断が難しく、営業かどうかわからないことがよくありましたが、
最近では特徴や判断基準がわかってきたように思います。

営業のお電話だと判断する基準はいくつかありますが、
中でもよくある営業のお電話の特徴を今回は2点書きたいと思います。

1、担当者の名前、社長の名前を知らない方のお電話。
「○○のご担当者様はいらっしゃいますか。」
「御社の社長の名前を教えて頂けますか。」
こういった内容のお電話は、営業である可能性が高いように思います。
担当者の名前を知った上でかけてくる営業の方もいらっしゃいますが、
テンションが高く営業のお電話のようであれば、ご用件をお伺いし、その内容で判断をしています。
取引のある会社様でも、本当に担当者の名前を知らない場合もあるため、「以前からお話をしていただいている件でしょうか。」等確認を行っています。

2、ご用件が『ご提案』、『ご案内』という内容のお電話。
「事務機器のご案内」や「お電話料金がお安くなるご提案」等、
中には本当に依頼をしているご用件の場合もありますが、本当は依頼をしていないのに、
こちらが依頼をしたような内容や、話したことがあるという風に言われる場合もあります。
こういう判断が難しい内容のご連絡の場合は、弊社スタッフで勝手に決めつけずに、クライアント様からのご指示を頂くようにしています。

営業のお電話は、なるべく早く切電をするようにしていますが、
お電話ではお繋ぎしなくとも、どこかで取引に繋がる可能性もございます。
その為、切電する際はあまり失礼になりすぎない様に対応をしながら、早めにお電話を切る事にも気を配っております。
『お断りをしてください。』とご指示を頂いた場合、クライアント様に変わり丁重にお断りをさせて頂きます。

他にも営業のお電話と判断する要素は沢山あります。
ただし営業のようなお電話でも、ご用件を伺ったところ、
お取引のある方の場合もありますので、確認作業は怠らないようにしております。
営業であればコールのカウントから除外し、営業でなければスタッフで共有し、通常通りの対応をさせて頂いています。
電話代行をご利用いただく事で、クライアント様の快適なビジネスライフのお手伝いが出来ますよう、真摯に取り組んでまいります。