最近、私が個人的に問い合わせた電話で少しいやな気持ちになってしまったことがありました。
その電話では、対応してくださった方のお話が二転三転していて、私の問い合わせの内容も相手の方にあまり通じていない状態でした。私はその方のお話の内容で納得することができませんでした。

その後別の方に対応していただいた時、結果的な内容に差は無かったものの、丁寧な説明と言葉だったので、すっと納得できたのに驚きました。最終的な結果が全く同じ内容であっても、話し方と順序が違えば、受ける印象が全く違いました。私も普段の電話のお仕事で、お電話口の方にご納得いただき、気持ちよくお電話をお切りいただけるような対応をしなくてはいけないなと感じました。ちなみに、私はクレームの電話をしたのではありません!

また別件でありますが、電話代行のお仕事でのお電話でうれしいお電話もありました。ある工務店様宛へのお電話で、お手ごろな価格であったのにも関わらず、とても丁寧できれいなお仕事をしていただきありがとうございますという内容のお礼のお電話でございました。また、作業に来てくれた人もとても感じの良い方でテキパキと業務を進めてくださったと、大変ご満足されていたご様子でした。私はもちろんその作業に何も貢献できていませんし、その方とお話をするのも初めてでしたが、なぜか私までとてもうれしくなってしまいました。

その方はお礼のお電話をするかどうかも迷われていたそうですが、自分の電話の言葉で作業員さんのモチベーションが上がってくれればうれしいからと仰っておりました。貢献していない私がうれしい気持ちになったのですから、その方が仰るとおり、作業に関わっている方がそのお話を伺えば尚更うれしく感じるのだろうなと思いました。電話をした人も受けた人もうれしくなる素敵なお電話だと感じました。また、私もそう感じてもらえるような対応を心がけていきたいです。

日々受電したり電話をかけたりしていると、色々なお電話を経験しますが、ひとつひとつのお電話で感じたことを忘れず、今後の受電に活かしていきたいと思います。
最後まで読んでくださった方が、ありがとうございます。今後とも引き続き頑張りますので、何卒よろしくお願いいたします。