私は癒しを求めて定期的に動物園などに行きます。先月も行ってきて、うさぎと猫と犬を撫でてきました。その中でわんちゃんはなかなか私に興味を持ってくれませんでした。撫でようとするとよそに行ってしまい悲しい思いはしましたが、やはり動物はかわいいものでおおむね癒されました。写真もいっぱい撮り、いろんな動物を観察して満足の一日でございました。毎日お電話で言葉のやり取りをしているので、たまには言葉をお休みして動物とやり取りすることも大事だなぁと感じました。お休みの日には趣味も満喫しながら、お仕事をがんばっていこうと思います。また近いうちに行こうと思います。

先ほども少し触れましたが、動物とのやり取りでは基本的に言葉のやり取りはありませんが、人とのやり取りにおいては言葉が大変重要になってきます。対面ではなく、言葉だけのやり取りに限られる電話においては尚更かと思います。受電の際に、お電話口の方の声の聞き取りが難しいときや、逆にこちらの声が聞き取りづらいとのご指摘をいただくことがあります。もちろん電波状況などの要因もありますが、聞き取りにくい声というものがあるのかもしれません。話の内容がはっきり聞こえないというのは、大きなストレスに感じてしまう方も多いそうで、できる限り避けたいところです。気になったので調べてみると、聞き取りやすい声を出す方法があるそうです。

まず、水分をこまめに取り喉を潤すことが大事だそうです。潤った状態を保つことで発声器官が正しく機能するのだそうです。私はあまり水分を取らないほうなので気をつけなければいけないなと感じました。
また、口をはっきり開けることも大事だそうです。はっきり開けることで、言葉もはっきり発音できるということです。こちらも気をつけようと思います。
以前もブログで取り上げさせていただいたことがありますが、早口言葉を練習するなどして滑舌を良くすることも大事なことだそうです。

ご存知の方もたくさんいらっしゃったかと思いますが、最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。これからも今回学んだことを活かしながら日々精進し、みなさまのお役に立てるようがんばります。今後とも引き続き宜しくお願いいたします。