皆様、こんにちは!3月も中旬になると日中暖かい日もあり朝夕まだ冷え込みますが、だいぶ過ごしやすくなりましたね。しかし寒の戻りがある日は季節感を気にせず、しっかりと暖かい格好をして風邪など引かないようにしたいと思います。もう少し暖かくなると桜の開花が楽しみですね。皆様お花見には行かれますか。私は今年、京都と姫路の桜を見に行く予定です。京都へは何度か行ったことがあるのですが、姫路は今回が初めてなので、綺麗な桜が見られることを心待ちにしています。家の近くにも桜並木があり、車でしか通ったことがないのですが毎年春がやってきたと実感できる場所のひとつです。

 さて、英語での受電をしているともっと英語力を身につけなければと日々思いますが、効率よく勉強できる方法を模索中です。お電話での対応なのでヒアリングとスピーキングが出来るようにと思っているのですが、先日の英会話のレッスンで先生がやってみたらとおっしゃったのが、実際に受電した英語の受電内容の録音を繰り返し聞きなおし、再度理解を深めるという方法です。相手のおっしゃっていることを聞き取りメモに一旦書き出し、分からなかった単語や聞き取りにくかった部分を確認します。その後自分の返した言葉が本当に正しかったのか、もっとプロフェッショナルな返答の仕方がなかったかを考えます。

 この方法は実際にかかってきたお電話の内容の分析が出来るので、今後の受電に出来るだけ早く反映することが出来ます。英語のお電話でも電話代行なので、かかってくるお電話の内容は様々です。例えば法律事務所・クリーニングショップ・メーカーにかかってくるお電話で、製品についてお問い合わせ・購入した商品に対するお問い合わせなどがある場合が考えられます。その受電内容に応じて対応が必要な為、一般的な日常会話とは少し異なる部分があります。かかってくるお電話に応じて専門的な回答が都度出来ればいいのですが、初めて聞く単語があったり、同じ意味でも別の単語を使用される場合があります。また、お電話をかけてこられる方の出身によっては少しなまりがあり、聞き取りづらい状況も考えられます。

 その為実際に受電した内容の確認をすることで、お問い合わせ内容やどういったお電話が多いのかを知ることが出来、またそこで使われる単語なども覚えることが出来ます。この方法で都度自分の足りないところやプロフェッショナルな対応を見直し改善していくことで、次の受電にいかしていけるよう努めたいです。