皆様こんにちは、いかがお過ごしでしょうか。
仕事する上でコミュニケーションを周囲の方々と取っていくことは大切な事です。
以前の研修で受けましたが、実行に移すのはなかなかすぐには出来ないものですね。
しっかり自分は何が出来ていて、何が出来てないか振り返りもしなくてはいけないなと
日々実感しております。
入社したての頃に何を習ったか、今は出来ているかしっかり自分の立ち位置を見直すようにしていきたいです。

■ビジネスのホウレンソウ(報連相)
まず行なうべき事は、自分の役割である仕事を覚えることです。
それには職場環境に慣れると同時に、先輩や上司に積極的にコミュニケーションを図り、仕事をマスターしていかないといけません。
信頼感、安心感を周りに持ってもらえるように自己の仕事をスムーズに進めるためにも、
報告・連絡・相談を心掛けていく必要があります。

・報告
仕事の指示を受けたら、進捗状況にあった報告を出来る限り後回しにせずリアルタイムに行なう。
⇒中間報告…仕上がりまでの時間や日数がかかる事は、区切りの良いときに仕事の経過などを報告する。
⇒終了報告…期日などは必ず守り、提出資料など作成に誤りがないか確認した上で報告する。(失敗やミスは早期解決のため、速やかに報告する。)

・連絡
報告と同じく、迅速かつ正確に行なう。
T.P.Oにあわせて情報ツールをうまく使い分ける。
但し、文章での連絡については連絡事項が滞ってないか、後日相手に確認する。
⇒全体連絡…定期的に行なわれる朝礼など
⇒文書連絡…社内報や回覧、または電子メール、社内文書など

・相談
仕事の過程で疑問点や不明な点が出てきた場合、又ミスやトラブルが起きた時、一人で迷わず、速やかに上司(リーダー)に相談する。
※注意点※
⇒相談したいことを簡潔にまとめて告げる。
⇒上司の考えや意見は素直な姿勢で聴く。
⇒相談の結果、仕事をクリアすることが出来たら必ず忘れずに報告する。

それぞれ仕事をしていく上で、慣れていくことが大切ですが、
その為にはお客様はもちろん、上司、先輩、同僚や後輩などと、うまくコミュニケーションを取っていくことも、仕事を慣れていくための一つの手段となるかと思います。

まだまだ出来ていない事もありますが、しっかり仕事やコミュニケーションの手段も、
研修を受けさせていただく中で、学び実践していこうと思っております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。