こんにちは。暖かくなり花粉症の方にはつらい季節が続きますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私も学生時代から花粉症との付き合いで、春は花粉症のせいで少し憂鬱になりがちです。
暖かく気候が良いと外に出たくなりますが、花粉症のせいで億劫にもなりがちです。
しかし、やはり外に出たい私は万全の対策をして、いざ、外へ出ますが、
花粉症の皆様はどのように対策をされておりますでしょうか。

花粉はその日の天気や前の日の天気で飛ぶ量が変わって来ますが、
気象情報や花粉情報はテレビやネットで簡単に確認が出来ます。
花粉の注意日としては、天気が晴れもしくは曇りの日や最高気温が高い日、
湿度が低い日や、前日が雨の時などは花粉が多く飛ぶ傾向にあるそうです。

私の対策は
・外に出るときはマスクをつける
・コンタクトは1日使い捨てタイプにする
・家に帰ったら手洗いうがいをしっかりし、コート等はしっかり払って花粉を室内にいれない
・薬を飲む
・睡眠時間を確保し、体調を整える。

等々しております。
特に私は薬を飲んでいたとしても目がかゆくなるので目薬は必需品です。
また、花粉症を悪化させてしまう行動として体調管理が重要です。
特に体調が悪い日に花粉症の症状が出ると、
花粉症の眠気+体がだるい眠気や、のどの痛み、鼻水、熱っぽいなど倍で症状が出てしまい、
辛くなりますので、春は特に体調には気を付けております。

また、ヨーグルトやお茶、アロマセラピーは花粉症にも効果があるとか言いますが、
効果はあまりないようです。
体調を整えるといった面ではいいかとは思いますが、やはり体調を整えるためにも睡眠時間は特に意識しております。

睡眠が足りていないと免疫やホルモンが不安定になりさらに花粉症を悪化させてしまう恐れがあります。規則正しい睡眠をとることで悪化を防ぐことができます。
春の時期は出来るだけぐっすり睡眠がとれるようにリラックスする時間を増やしたりなどしています。

他にはストレスの溜めすぎも花粉症の大敵で、自律神経を狂わせたり免疫のバランスを崩したりするそうです。
そうするといつもより花粉に過剰に反応してしまう恐れがあります。

また、ストレスが溜まっているからといってお酒を飲みすぎると
血管を広げ鼻づまりや目の充血などの症状を起こりやすくしてしまい花粉症の時には悪い影響しかありません。
この時期はいろいろと制限されることも多く、声もがらがらになり、鼻声になりがちですが、体調を整えてお客様からのお電話を聞き取りやすい、
さわやかな声で対応するためにもこの春も花粉に打ち勝つべく対策をしてまいります。