電話代行とはお客様のお電話を代わりにとらせて頂く事がお仕事ですが
ただお電話をとりご報告をするだけでは何の意味もありません。

会社の窓口となる電話受付はお客様の会社の印象を決めてしまいます。
顔と顔を見ての対話ではなく、お電話機を通して声だけで相手の方とやり取りをする為
見えていないという気持ちで対応が疎かになるとお電話を下さった方には
その態度が声であっても伝わってしまい良いイメージを持っていただくことはできません。

CUBE電話代行サービスではお客様の会社の窓口としてという責任感を持ち、
お電話を頂いたお客様の話に寄り添う≪傾聴≫をしながら受電対応をさせて頂いております。

≪傾聴≫とは、ただ相手の話を聞くという事ではなく
相槌を打つことや共感をする為のクッション言葉などを
取り入れることを言います。
これらを使い分けながら話しやすい雰囲気を作り出すことにより
相手に安心感を与えると共に気持ちよくお電話を終わらせる
ことにも繋がります。

お電話を頂く方一人一人お問い合わせ内容が同じ場合もあれば
異なるイレギュラーな時もあります。

同じような内容のお電話であればスムーズに対応が進みますが
イレギュラーなお電話があった際はより一層の緊張感を持ち対応します。

分からない事や今までと違った対応になると、
あたふたとしてしまいがちですが冷静さを忘れないできちんとした
対応ができるのはCUBEとお客様との信頼関係があるからこそだと思っています。

CUBEではあらかじめご契約時にお客様の会社情報を頂き
何度か内容の確認の為お電話、もしくはメールにてやり取りをさせて頂いております。

どんなお電話があるのか想定していてもイレギュラーなお電話も稀にある為
お客様の情報は最低限受電スタッフ一同、確認をしておく必要があり
分からないことがあればそのままにせずお客様に確認を取ることや
HPの情報を見て確認をしたりすることもあります。

もしお客様の情報を把握できていない、不明点をそのままにした状態で
受電をしたら簡単な受け答えにも対応ができなくなりただ電話をとっているという事に
なります。

頂いた会社情報で気になった点やサービス開始後にお客様から多く頂くご質問に対しての
返答ができるようにお客様とのやり取りは欠かせないです。
またCUBEでの受電対応についてもご要望やご意見がございましたら
適宜変更等ができるようにしております。

お客様とこのようなやり取りが無ければ質の良い受電対応もできず、
お電話をかけて下さった相手を不安な気持ちにさせてしまいます。
相手の話に寄り添いながら的確な受け答えをし、求めている回答に近づけるための
中間的な重要な役割として今後もお客様の会社の役に立ちたいと考えております。