こんにちは。
すっかり寒い日が続いています。
新しい運動靴を購入して1駅分歩こうかなと計画を立てております。
先日の研修で、「基礎課題をクリアしよう」ということで、
口の周りの筋肉をほぐす練習を行いました。

「あいうえお」を発音し、そのあとに「いうえおあ」「うえおあい」と一つずつずらして
口に出していくというものでした。
これが、簡単に見えて意外と苦戦を致しました。
まず、「あいうえお」と書いている文字を見ないと口に出せませんでした。
ペアの方の目を見て口に出してと講師の方より指示を頂いておりました。
もちろんすぐに覚えることができず、紙を持ちながら口に出しておりました。
更に、頭が「あいうえお」と覚えているので、何度練習をしても「あいうえお」の順番に
戻ってしまい、結局その日は言う事はできませんでした。
口をあけながらこの言葉を繰り返すと、筋肉がほぐれて最後の言葉まで綺麗に伝えられるとのことでしたので、お風呂や、受電の合間に頑張って練習をしようと思いました。

また、「早口」も基本課題としてございました。
早口は、「攻撃的な印象」や「愛想がない」と思われがちです。
ひとつひとつの音を確認しながら話す事が大事だとお教え頂きました。
弊社ではダブルチェックの時などの確認のために、全ての受電が録音されています。
録音された内容と共に、自分の話しぶり、早口になっていないかなどをチェックし、
お客様に聞き取りやすい話し方になるように気を付けたいです。
すでに「恐れ入ります」というクッション言葉を使うときに早口になり、私自身が全く聞き取れていないことがわかりました。
「申し訳ございません」や「恐縮ですが」などと違う言い方をするのも一つの手だと思いますので、これからも早口になるようでしたら考えたいと思います。

そのクッション言葉ですが、以前に講師の先生より「質問が続くようなら使った方がよいです」とご指摘を頂いておりました。
私が知っているクッション言葉が少なく、なかなか使うことができませんでしたが、
今回の研修でたくさんのクッション言葉を学ぶことができました。
普段何気なく使っている言葉もクッション言葉だったと知ることもできたので、きちんと使えている事に安心を致しました。
自分の知らない事がまだまだたくさんあり、毎日が勉強ですが、ひとつひとつ身につけて仕事を行いたいです。