皆様こんにちは。
もうそろそろ入社して1年になる新人です。
新人でありながら、自分よりも後輩の方がいるという、新人から成長しなければいけない難しい時期に差し掛かってまいりました。
先輩方のようになれるように、日々少しでも成長していければと思います。

先日新人研修の際にアサーティブコミュニケーションについて講義を受けました。
そもそもアサーティブとは、自分の意見や感情をはっきりと述べるさま、だそうです。
しかし自分の意見を押しつけるわけではありません。
アサーティブコミュニケーションは。相手も尊重した上で、誠実に、率直に、対等に、自分の要望や意見を相手に伝えるコミュニケーションの方法論のことだそうです。
普段から意識したり考えたりしていることではあったのですが、その名称は初めて耳にしました。
普段の仕事の中でもそうですが、何に重きを置くかによって対応はとても変わってきます。
それをある意味フラットにすることができるのがこのコミュニケーション方法なのかな、と思いました。

実際に、[愛情・誠実・健康・金銭・権力・学歴・名誉]の7つに必要な物としての順位をつけ、グループ内で話し合った上で最終的な優先順位を決めるという議題でディスカッションをした際に、同じ会社で働いている仲間でも、同じ事柄を基準にしているのに見解が全員全く別でした。
そんななかでアサーティブコミュニケーションはとても難しかったです。
多数決でもなく強制でもなく、相手に自分の意見を伝えて一つの答えを出していくことは、かなり頭も心も疲れました。

今回は社内研修でのディスカッションでしたが、これがクライアント様との契約・交渉の場だとすれば、今回よりもさらに難しくなります。
私も最近クライアント様との契約をさせていただくようになってまいりましたが、こちら側の要望とクライアント様の要望とのバランスなどを取ることがとても難しいです。
これから契約の手順と内容を覚えていくなかで、アサーティブコミュニケーションを身につけていきたいと思います。