みなさまこんにちは。
お恥ずかしながら、私は弊社に入社して初めての内勤だったため、
先月8月は、社会人になってから初のお盆休み(夏季休暇)を頂きました。
特に何があったというわけではありませんでしたが、
お盆休み(夏季休暇)長期休暇をいただけるありがたさを噛みしめておりました。

学生時代は当たり前に夏休みというものがあり、年齢が増すごとに『こんなに長くなくてもいいのにな…』と思っておりましたが、大人になってみると無条件にいただける長期休暇のありがたみを噛みしめずにはいられませんでした。
きっとないとは思いますが、もし学生の方でこのブログを読んでくださっている方がいらっしゃるのなら、今のうちに目一杯長期休暇を有効活用して有意義なお休みにすることをお勧めします。

前置きがかなり長くなってしまいました。
弊社のサービスをご利用のご契約者様はご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、
長期休暇の期間中、弊社では受電の際に休暇期間をお伝えすることが可能でございます。
また、有料オプションではございますが、時間外アナウンスでメッセージをお流しすることも可能でございます。
実際に弊社と夏季休暇の時期が違う(ずれている)ご契約者様のなかでご利用いただいている方もいらっしゃいます。
年末年始の長期休暇の際も同様に、受電の際に長期休暇の時期をアナウンスさせていただいたり、時間外アナウンスでメッセージをお流しすることも可能でございます。
少し違うお話にはなりますが、通常の営業時期にもご契約者様のスケジュールに合わせた応対も可能でございます。

電話代行をお探しの会社様は、そういった『臨機応変な対応』がどこまでできるのかも検討材料に入れてみられてはいかがでしょうか。