外国人と話をしている時に、やはりこちらの発音が間違っていると相手に通じません。
また相手がネイティブではなく発音に誤りがあると聞取りが難しい場合があります。その為、文法も大事ですが、正しく発音することの重要性を感じています。英語の発音が上達すると、リスニング力やスピーキング力の向上にもつながり、よりスムーズに外国人とコミュニケーションが取れるようになります。そこで平素より発音練習をするようにしたり、ネイティブの発音のコツを意識して会話をするようにしています。私が心がけているネイティブの発音のコツは下記の3点です。
下記の発音のコツを実践することで、ネイティブの発音に一気に近づいていきます。

1、ネイティブは2,3個の単語をつなげて発音します。
例えば、「get it」を、日本人は「ゲット・イット」と覚えますが、ネイティブが「ゲット・イット」と発音することはほとんどありません。たいていの場合、「ゲリット(ゲディット)」と発音します。ネイティブ講師から業務後に英会話レッスンを受けておりますが、やはり単語と単語をつなげて発音するように言われました。その方がネイティブは聞き取りやすいとの事です。2,3個の単語をつなげて発音するのが、ネイティブの英語では通常なのですね。

2、ネイティブはhの音を発音しません。
「have him」は、日本人なら「ハブ・ヒム」と発音する人が多いと思います。しかし、ネイティブはたいてい「ハビム」と発音します。「ハブ」と「ヒム」を別々に発音はしません。音が落ちて、2つの単語が1つのようになります。2つの音が重なり合って発音されていることを知らず、「知らない単語」と勘違いしてしまい、内容が理解できないということがあります。音のつながりを学ぶことで英語が聞き取れるようになります。

3、ネイティブは同じ発音が重なった時、片方は発音しません。
Want to, Black Coffee, Used to等、同じ発音が重なった場合、片方は発音しません。これを実践するだけで、ネイティブのように発音がスムーズになります。

ネイティブが無意識に実践する英語発音のコツを意識して、外国人の方とより正確にコミュニケーションが取れるよう、今後も努力してまいります。