「Excel作業時に使える簡単な操作方法③」の続きです。
思ったより長く続きましたがいったん今回で最後です。
今後も何か参考になるようなものがあればご紹介させて頂こうと思います。
※バージョンによって若干操作方法が違う場合もありますので、ご了承ください。※

●日付を一瞬で入力する方法●
「Ctrl」+「;」(セミコロン)で現在のセルに日付を入力することができます。
報告書などを作ると大抵、どこかにその日の日付を入力することになるので、
手入力をしていると間違えてしまうこともあるかと思いますので、
ちょっとしたミスを防ぐのにも有効です。
ただし、「Ctrl」+「:」(コロン)では現在時刻になるので注意が必要です。

●文字を検索する方法●
Excelファイルの中に書かれているセルの中から探し出したいセルがある場合、
「Ctlrl+f」を押すと検索画面が出てくるので、その中に検索したい文字を入力して、
Enterを押すと自動で探し出してくれます。
複数ある場合もEnterを押し続ければ検索してくれます。

●シートの位置変更の方法●
複数のシートにわたって作業している場合に有効な方法です。
移動したいシートの下部に表示されているシート名の部分(初期設定はSheet1など)を、
目的の位置までドラッグアンドドロップしてください。
▼印が表示された場所に移動することができます。

●繰り返しの方法●
Excelで表など作っていると、ひとつの作業を他の行などにも使いたい時に便利です。
例えば行の高さを変えたとき、
変えた行のサイズを確認して、それに合わせれば同じにすることは可能ですが、
次に変えたい行の数字のところをクリックして『F4』を押すと、前にやった作業を繰り返してくれます。

●複数セルに一気に入力する方法●
複数のセルに同じものを入力したい場合、入力したい範囲を指定してからデータを入力、
最後の確定を「Cntl+Enter」でおこなうと範囲指定していたセルに一気に入力出来ます。
フィルタをかけている時はコピペでは隠れているセルにまでペーストされてしまいますが、
この方法なら可視セルにだけに入力出来るので便利です。