英語のお電話で日頃、気をつけていることは聞き取ることが出来なかった時はもう一度仰って頂くようにしていることです。また、あいまいな時や自信がない時は「~ということで宜しいでしょうか」や「もう一度仰って頂いても宜しいでしょうか」と確認を取るようにしています。電話で名前や用件を聞く際は直接の対話で聞くよりも聞き取りが難しく間違いが起こりやすいと感じます。間違いを防ぐために確認することは大切だと思います。
 また、他に気をつけていることは、わかりやすい英語で話すということです。そのために、はっきりとした口調で話すようにしています。日本語でもそうですが口ごもって言った言葉は相手が聞き取ることは出来ません。自信を持ってはっきりと丁寧に発音することで相手に聞き取りやすくすることを大事にしています。先輩たちに比べて私の英語の発音は綺麗ではないので相手の方は聞き取りが難しいと思います。間違いがなく相手に伝えることが出来るように今後は先輩たちのように綺麗に発音できるようにも意識します。
 また、名前や会社名は英語で聞き取りすることが日本語よりも難しいです。英語での似た発音がいくつかあるので間違った意味に解釈する可能性があります。聞き取れなかった時やはっきりしない際はスペルを確認して間違いがないように気をつけます。
 他に英語のお電話で気をつけていることは日本語でのお電話でも同じですが営業のお電話かどうか確認することにも気をつけています。営業のお電話ですとお名前を名乗られないでいきなり「○○さんはいますか」と言われることやご用件を特に言わない方が大半を占めています。また、「折返しご連絡致しましょうか」とこちらから提案しても「掛け直します」と言うことが多いです。日本語のお電話でもあいまいな時やわかりにくい時はこちらから質問をして営業のお電話かそうではないかを判断しています。英語のお電話でも同様に確認をして見極めるようにします。
 英語のお電話は頻繁に電話が鳴ることがないので突然掛かってきて少し身構えてしまうこともあります。焦らずに落ち着いて内容をしっかりと聞き取り電話応対するように努めます。そして、英語での電話にスムーズに対応することが出来るようにもっと英語力をつけて先輩たちのように電話応対できるようになります!