お電話をクライアント様に転送する際、『お疲れ様です。CUBEの○○です』と言ってお話しをするのですが、クライアント様からも『お疲れ様です』『お世話になってます』等のお言葉をかけていただくと、とてもうれしい気持ちになります。クライアント様に私どもを社内の人間のように考えて頂けると 温かい関係が築けるので、大変ありがたいことだと思っております。日々お電話を取っていて、そういった小さな喜びはよくありますが、今回は一番感動したお電話のことを書きたいと思います。
溜息をついたり、鼻をすすったりしている女性の方から英語で電話がかかってきました。
スタッフ『Hello. How may I help you?』
(こんにちは。ご用件をお伺いします。)
女性  『….Hi. I’m a customer. I’m calling you from America….』
    (…こんにちは。商品を購入しました。アメリカからお電話しています….)
スタッフ『…Thank you for calling. Is there something wrong with our product?』
    (…お電話ありがとうございます。何か不備がありましたでしょうか。)
女性  『No.』
    (いいえ。)
スタッフ『Anything is missing? 』
    (何かが不足していますか。)
女性  『Everything is OK.』
    (全て入っています。)
スタッフ『So… Would you tell me the reason you are calling us?』
    (さようでございますか、、お電話いただいた理由をお聞かせ願えますでしょうか。)
女性  『…The product is so beautiful. I’m so moved.』
    (…その商品があまりにも美しかったので、感動しました。)
スタッフ『!!!』
女性  『I’m so happy that I’d like to tell you thank you. Thank you for your product!』
    (とてもうれしかったのでお礼を言いたくなりました。ありがとうございました!)
スタッフ『I’m so happy to hear your word, too. Thank you for calling.』
    (それを聞いて私もとてもうれしいです。お電話ありがとうございます。)
女性  『I just want to tell you thank you, and I have to go now. Thank you. See you.』
    (お礼を言いたかっただけですのでもう切ります。ありがとうございました。)
スタッフ『Thank you. Good bye.』
    (ありがとうございます。失礼いたします。)
お客様が泣いていらっしゃる様子でしたので、とても楽しみにしていた商品に何かあったのかと心配になりました。しかし、感激されての涙だということに気づき、大変驚きました。そのお電話を偶然私が取れたことも嬉しかったのですが、クライアント様が、わざわざ国際電話を掛けてまでお礼を言いたくなるほど 素晴らしい商品を販売されているということにも感動しました。
CUBEのスタッフは単にお電話を取り次ぐだけではなく、クライアント様の事業が成長するお手伝いをしている、という意識で日々業務に当たっています。規模は小さいけれど、素晴らしいお仕事をされている会社様はたくさんあります。そういった事業の一旦を担うことが出来るので、とても意義のある仕事をしていると感じます。今後も一本一本のお電話を大切にしてまいります。